DeNAのOB鈴木尚典氏が、来季新規参入のBCリーグ「神奈川」の監督に就任

DeNAのOB鈴木尚典氏が、来季新規参入のBCリーグ「神奈川」の監督に就任

鈴木尚典氏のNPB通算成績

今季までDeNAの球団職員として野球振興活動に従事していた

 DeNAは31日、球団職員として野球振興活動に従事してきた鈴木尚典氏をプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ所属の「神奈川フューチャードリームス」の監督として派遣すると発表した。「神奈川フューチャードリームス」は 2020 年シーズンよりBC リーグに新規参入するプロ野球球団。既に発表している「2019 横浜DeNAベイスターズジュニアチーム」の監督は、『NPB12 球団ジュニアトーナメント 2019』終了まで予定通り務める。

 鈴木氏は「高校時代から過ごし、第二の故郷でもある神奈川県に、プロ野球チームの監督として関わることができること、嬉しく思います。神奈川県は既に野球が親しまれている場所ではありますが、さらに野球が根付き、親しみのあるスポーツとなるよう、これまでベイスターズで経験したことを生かして、頑張っていきます。皆さんの応援、宜しくお願いします」と球団を通じてコメントを発表した。

 鈴木氏は1991年に横浜高校から横浜大洋ホエールズに入団。97年首位打者を獲得。翌 98年も打率.337で2年連続の首位打者を獲得し、38年振りとなるリーグ優勝に貢献。西武との日本シリーズでは最優秀選手賞(MVP)にも輝いた。プロ通算 1517 試合、1456 安打、146本塁打、700 打点、通算打率.303。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)