西武秋山、DeNA筒香、虎ジョンソンも? MLB公式が注目選手特集「トップ候補」

西武秋山、DeNA筒香、虎ジョンソンも? MLB公式が注目選手特集「トップ候補」

西武・秋山翔吾(左)、DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】

楽天ウィーラーが証言、秋山&筒香&菊池涼は「NPBで一流選手」

 日本のプロ野球ではソフトバンクが日本シリーズ3連覇を果たし、メジャーではナショナルズが球団史上初の世界一に輝いた。野球シーズンは終わったが、各チームは来季に向けた戦力補強に早くも目を向けている。MLB公式サイトは“注目の選手”を紹介し西武・秋山、DeNA・筒香、阪神・ジョンソンらが名を連ねている。

 MLB公式サイトはメジャーから注目を浴びる日本、韓国の注目選手を紹介。記事の中では近年はダルビッシュ、岩隈、田中、前田、大谷と投手の活躍が目立ったことを言及しつつ「今冬、NPBからMLBに移籍するトップ候補は野手である」と、日本人野手が久しぶりにメジャー挑戦することを伝えている。

 その中で名前が挙がった日本人選手は海外FA権を行使する西武・秋山翔吾外野手、ポスティングシステムを利用するDeNA・筒香嘉智外野手、現状では未定となっている広島・菊池涼介内野手の3人。

 記事では前ヤンキースで現在は楽天に所属するウィーラーがMLB公式に「この3人がNPBで一流選手」とメールで伝えていたことを明かし「3人にとってカギとなるのは、メジャーリーグのスピードとスタイルに適応することである」としている。

秋山にはNPB助っ人陣も太鼓判、ロッテ・ボルシンガーは「100%」成功する

 西武・秋山については楽天のハーマンが「彼はコンタクトのうまい打者で、スピードもあり、毎日プレーしている。毎イニングだね。勤勉なんだ。常に向上したいと思っている」と称賛。

 ロッテのボルシンガーも「彼のアプローチはアダム・イートンのようだ。逆方向にも本当にうまく打つ。投手として、彼と対戦することはイライラするよ。いつも『彼はどうやってあの球を打ったんだ?』と思うんだ」と打撃技術の高さを認め、秋山がメジャーでもレギュラー選手になることを「100%」確信しているという。

 また、記事ではDeNA筒香には守備面での不安を指摘しDH制のあるア・リーグを勧め「今オフにDHの補強を考えるかもしれない球団はホワイトソックスとマリナーズである」と具体的なチーム名を挙げている。広島の菊池はまだオフの動向がはっきりしていないが「彼の守備は素晴らしく、ファンの人気が高い」と守備面を高く評価していた。

 今季NPBでプレーした阪神のジョンソン投手、中日のロドリゲス投手の名前も挙がり「NPBで救援投手として活躍したシーズン後にFAとなる」と、残留か移籍の決断に注目が集まっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)