ヤクルト新助っ人エスコバーとは? MLBでは「常に平均以下の打者」も守備の名手

ヤクルト新助っ人エスコバーとは? MLBでは「常に平均以下の打者」も守備の名手

昨年はロイヤルズでプレーしたアルシデス・エスコバー【写真:Getty Images】

メジャー11年で通算1367安打、打率.258、出塁率.293、41本塁打

 ヤクルトは30日、ホワイトソックス傘下3Aのアルシデス・エスコバー内野手との契約締結を発表した。2015年ア・リーグ優勝決定シリーズMVPにも輝いた名手のNPB移籍を、米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーモアズ」も伝えている。

 エスコバーは2011年にザック・グリンキー、ユニエスキー・ベタンコートとのトレードでロイヤルズに加入。2018年までレギュラー遊撃手として8年連続で140試合以上に出場した。2015年にはファン投票で球宴に選出されると、ゴールドグラブ賞も獲得。ア・リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝き、世界一に貢献した。

 しかし、記事ではエスコバーを「常に平均以下の打者」と言及。メジャー通算11年で打率.258ながら、出塁率.293、41本塁打と四球と長打は期待できず、世界一になった2015年も打率.257、3本塁打、出塁率.293の成績。「ネド・ヨスト(ロイヤルズ監督)の為に彼は遊撃手として安定感と耐久力を少なくとも披露したが、2015年にワールドシリーズ制覇したロイヤルズの中で、彼の貢献度はそこまで高くなかった」と紹介している。

「彼は世界で2番目に高いレベル(NPB)において、打撃面で立派な数字を残す必要がある」

 2018年シーズン終了後にFAとなると、今季はホワイトソックスとマイナー契約。3Aでは96試合で打率.286、10本塁打、70打点と好成績を残したが、8月に自由契約となっていた。

 記事では、まだ32歳と若い年齢を考慮すると、MLBに復帰するための時間は残されているとしている。一方で「最近の通算成績からは、彼がそれを実現すると考えるに十分な根拠は見られない」と指摘。「彼の走塁と守備力をもってすれば、いくつかの球団に対してユーティリティー選手の選択肢として考える気にさせるかもしれないわけではあるが」としているが、かつて名手とされた守備の指標も2018年には大きなマイナスとなっている。

 記事は「まず第一に、彼は世界で2番目に高いレベル(NPB)において、打撃面で立派な数字を残す必要があることだろう」と締めている。かつてのスター選手が、ヤクルトで輝きを取り戻せるのか注目だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)