カナダ代表の巨人マシソン、侍ジャパンからセーブ 失策絡み1失点もリード死守

カナダ代表の巨人マシソン、侍ジャパンからセーブ 失策絡み1失点もリード死守

カナダ代表のスコット・マシソン【写真:福谷佑介】

今季限りでのNPB現役引退を表明しているマシソン、登場すると場内は大歓声

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は31日、沖縄セルラースタジアム那覇での「ENEOS 侍ジャパンシリーズ」で世界ランク10位のカナダと戦い、5-6で敗れた。カナダ代表は2点リードの9回に6番手で巨人のスコット・マシソン投手が登板。1点を失ったが、セーブを記録した。

 カナダの6-4で迎えた9回、マシソンの名前が場内のコールされると、スタジアムから大歓声が起こった。先頭の広島鈴木には左前打を許したものの、続くオリックス吉田はニゴロでゲッツー。代打・山田は遊ゴロに仕留めながら味方の失策で出塁を許し、近藤に適時打を浴びて1点差とされたものの、最後は松田を左飛に仕留めた。

 マシソンはシーズン終了後に今季限りでのNPB現役引退を表明。「プレミア12」ではカナダ代表に選出されており、来年の東京五輪への出場にも意欲を見せている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)