侍J稲葉監督、カナダに敗戦も前向き 「後半は粘り強く戦ってくれた」

侍J稲葉監督、カナダに敗戦も前向き 「後半は粘り強く戦ってくれた」

稲葉監督 山口6失点も信頼

侍J稲葉監督、カナダに敗戦も前向き 「後半は粘り強く戦ってくれた」

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

先発山口が2回に大量6失点も「修正してくれると思う」

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は31日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ」(沖縄セルラースタジアム那覇)で世界ランク10位のカナダと戦い、5-6で敗れた。先発の山口俊(巨人)が2回に大量6失点。打線はカナダの拙守(4失策)に乗じるなどして9安打を放って小刻みに得点したが、1点及ばなかった。

 侍ジャパンを率いる稲葉篤紀監督はまず打線に触れ「野手は(外国人投手の)動くボールに試合途中から慣れてきた。今は調整段階。試合をやる中で作戦面なども確かめながらやっている段階。実戦感覚はあるし、明日(11月1日)も試合があるので、しっかりやってれると思う」と振り返った。

 2回に6失点した山口についても「修正ポイントは本人も分かっている。修正してくれると思う」と前向きにとらえた。

 1日が本番前の最後の実戦となる。「今日も後半は粘り強く戦ってくれた。あしたもしっかりやっていきたい」と力を込めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)