侍J稲葉監督、敗戦にも手応え強調 「打線は動くボールに途中から慣れ出した」

侍J稲葉監督、敗戦にも手応え強調 「打線は動くボールに途中から慣れ出した」

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

2回6失点の山口にも揺るがぬ信頼「次に繋げていってくれる」

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は31日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ」(沖縄セルラースタジアム那覇)で世界ランク10位のカナダと戦い、5-6で敗れた。先発の山口俊(巨人)が2回に大量6失点。打線は9安打を放って小刻みに得点したが、1点及ばなかった。

 稲葉監督は敗戦にも前向きだった。先発の山口が2回に大量6失点。フォークの制球に苦しんだが「日本人打者と外国人打者という部分で日本人が振るところを外国人は振ってくれないとか、そういう修正点が分かったということ」と指摘。「本人もわかっていましたし、次に繋げていってくれると思います」と揺るがぬ信頼を口にした。さらに2番手以降が無失点に抑えたことに「頑張ってくれた」と評価した。

 打線は4回以降、小刻みに得点して1点差に迫った。「野手陣は実戦感覚もありましたし、外国人投手の投げるボール、身長の大きな投手のボールに途中から慣れ出した。粘り強くやってくれた」と手ごたえを口にした。

 一方、指揮官の表情がやや曇ったのが死球で途中交代した秋山(西武)、体調不良の岸(楽天)の状態。「秋山はいま病院に行っている。それ以降の情報は入っていない。岸は今日もホテルで静養させました。明日以降は状態をみながらやっていきます」と語るにとどめた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)