侍ジャパンの4番鈴木&5番吉田正コンビ それぞれが感じる国際試合での課題

侍ジャパンの4番鈴木&5番吉田正コンビ それぞれが感じる国際試合での課題

侍ジャパンの主軸を担うオリックス・吉田正尚(左)と広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】

連続でフェンス直撃の二塁打を放った鈴木と吉田

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は10月31日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ」カナダ戦を戦い、5-6で敗れた。それでも4回には4番・鈴木誠也外野手(広島)と5番・吉田正尚外野手(オリックス)の“共演”で1点を返す見せ場も作った。両者ともにフェンス直撃の特大打を放ったが、両者が持つ課題点は異なるものだった。

 鈴木は4回の第2打席、左翼フェンスにぶち当たる大飛球で二塁に到達。さらに吉田ももう少しで本塁打という大きな当たりが右翼フェンスに直撃、適時二塁打とした。

 吉田は外国人投手特有の動くボールに対し「しっかり打ちに行って詰まった。イメージとズレていた」と語ったが、鈴木はボールの違いなどよりも「外国人投手は身長が違う。高さ、角度があるので目線が上がると思ったよりも低いところに球が来る」と課題を持ったようだ。実際に第1打席ではこのように視点の位置を誤り、低めのカットボールに手を出して二ゴロとしていたが、次の打席では修正してみせた。

 NPB公式球と異なる国際大会球にも「(違う)感覚はない、僕は来たボールを打つだけなので」と余計な意識はない。また宮崎での1次代表合宿から4番を打つ鈴木と、3番や5番として鈴木に繋がる位置に据えられている吉田正。稲葉篤紀監督が主軸として期待をかけるコンビだが、鈴木は「誰が(後ろに)入っても、みんなすごいバッターですから。とにかく後ろに繋ごうということで、自分のやれることができるように」とあくまでも自然体を貫き、自分の役割に集中している。

 11月1日にもカナダ戦が行われ、本戦に向けてさらなる調整を行っていく。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)