侍ジャパンは5回まで2点リード 先発今永が5者連続奪三振、山田タイムリーで追加点

侍ジャパンは5回まで2点リード 先発今永が5者連続奪三振、山田タイムリーで追加点

5回終了時点で侍ジャパンがカナダ相手に2-0とリード【写真:Getty Images】

4回から2番手で大野が登板

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ」カナダ戦を戦い、5回まで2点リードとしている。

 先発の今永昇太投手は3回を投げ、6奪三振無失点と好投。初回先頭のダルトン・ポンペイを150キロ直球で空振り三振に取ると、2回には直球にカットボール、チェンジアップを交えて3者三振。3回も好調は続き、5者連続奪三振とした。4回からは2番手で大野がマウンドに上がった。

 打線は4回、近藤、鈴木の連続四球、吉田、浅村の内野ゴロの間に1点を先制。さらに5回、先頭の松田がストレートの四球で出塁すると、4回の守備から入った甲斐が送りバント。1死二塁で山田が中前適時打を放ち、2点目を追加している。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)