【MLB】ダルビッシュ、契約を破棄しないのは“正解”!? 米メディア指摘「年齢を考えると…」

【MLB】ダルビッシュ、契約を破棄しないのは“正解”!? 米メディア指摘「年齢を考えると…」

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアが契約破棄を選択しないと報道「カブスで最も信頼できる投手」

 カブスのダルビッシュ有投手が、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を行使せず、残留する見込みだと米複数メディアが報じた。米ヤフースポーツは、今季後半戦のダルビッシュについて「エリート投手」と改めて評価。一方で、もし契約破棄を選択してFAとなっても、来季以降に残す4年総額8100万ドル(約87億4560万円)を上回る契約を手にするのは難しいと予想している。

 ダルビッシュについては、MLBネットワークの敏腕記者ジョン・ヘイマン氏が「彼は契約を破棄することはないだろう。4年総額8100万ドルの契約が残っている。彼はシカゴを気に入っていて、残留の意向を以前示唆していた」とツイート。MLB公式サイトなどもこの情報を伝えていた。

 これを受けて、米ヤフースポーツは「ユウ・ダルビッシュは、カブスの契約をオプトアウトしないと報道された」と速報。ダルビッシュは今季、前半戦は制球に苦しみ、97回を投げて111奪三振49四球、防御率5.01と大苦戦。しかし、後半戦はコントロールが劇的に改善され、81回2/3を投げて118奪三振7四球、防御率2.76と快投を続けた。

 シーズン通算では31試合先発で6勝8敗、防御率3.98、178回2/3で229奪三振という成績を残した右腕について、記事では「今季前半はみじめな成績であったが、それを克服して、後半には球界でのエリート投手としてのスポットを再び勝ち取った」と絶賛。さらに、2018年は故障で8試合にしか登板できなかった右腕は「カブスファンから不安視」されており、2019年も「不調は続いて『(彼の獲得は)失敗か』という言葉が出回り始めた」と振り返りつつ、「シカゴという街が、そろそろ怒りを爆発させる寸前、ダルビッシュは、カブスの最も信頼できる投手になった」と言及。「その変化は本物で、ダルビッシュの奪三振率はシーズン後半に10%以上アップした。問題であった彼の与四球率は、2.2%に急降下した」と劇的な“復活”であったことを強調している。

「彼の年齢を考えると、これを上回る金額での契約を見つけることは難しい」

 それでも、FAとなって現行の契約よりも良い条件を引き出すことは難しいのではないかと推測。「ダルビッシュは、2018年にカブスと6年総額1億2600万ドル(約136億円)の契約を結んだ。今季後半のパフォーマンスを使って、オフシーズンにより良い契約を探すこともできたが、カブスとの残りの契約を続けるようだ。彼の年齢を考えると、オープン・マーケットでこれを上回る金額での契約を見つけることは難しいだろう」。もし「オプトアウト」しないという選択を本当にするのであれば、それは“正解”だとの見方だ。

 名将ジョー・マドン監督が退任し、デビッド・ロス新監督が就任したカブスは来季、2016年以来の世界一を狙う。そのために、ダルビッシュが引き続き活躍することが必要不可欠だ。

「カブスは来季、プレーオフにカムバックすることを狙う。もしダルビッシュが今季後半のような活躍を来季もすれば、カブスは2020年の10月に意義のある試合をすることができるのではないか」

 記事では、ダルビッシュに大きな期待を寄せている。サイ・ヤング賞への期待も高まる2019年、カブスでプレーするのか。そして、どんなピッチングを見せるのか。注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)