侍左腕今永が3回6K無失点の圧巻投球 「自分にとって三振は調子のバロメーター」

侍左腕今永が3回6K無失点の圧巻投球 「自分にとって三振は調子のバロメーター」

カナダ戦に先発した侍ジャパン・今永昇太【写真:Getty Images】

捕手會澤に感謝「ブルペンは良くなかった、カーブをうまく使ってくれた」

 野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」カナダ戦に臨み、3-0で勝利した。11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に向けて最後の実戦の機会。先発の今永昇太投手(DeNA)ら投手陣が無失点リレーで繋いでリードを守って勝利した。

 今永は初回1死からこの日唯一の安打を浴びたが、3回を投げて1安打無失点の好投。2回から3回2死まで圧巻の5者連続三振を奪うなど、6奪三振の好投を見せた。左腕は試合後のお立ち台で「カナダは鋭いスイングをしていたので、(捕手の)會澤さんとコミュにケーションを取って丁寧に投げた」と振り返った。

 試合前のブルペンでは決して調子は良くなかったという。「會澤さんがカーブをうまく使ってくれた」とし、効果的だったカットボールについても「失投が少なかった。緊張感のある大会でもしっかり投げられれば」と手ごたえを口にした。

 国際大会で3回6奪三振は大きな自信になったようだ。「自分にとって三振はバロメーター。歓声もすごかったので力になりました」。左腕は揺るがぬ自信を胸に台湾に乗り込む。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)