侍ジャパン、カナダ戦2試合で得た課題と収穫とは? 稲葉監督「点を取ることは難しい」

侍ジャパン、カナダ戦2試合で得た課題と収穫とは? 稲葉監督「点を取ることは難しい」

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

収穫は投手陣、第1戦先発の山口を除く登板した11投手が無失点

 野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」カナダ戦に臨み、3-0で勝利した。11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に向けて最後の実戦の機会。先発の今永昇太投手(DeNA)ら投手陣が無失点リレーで繋いでリードを守って勝利した。

 世界ランク10位のカナダとの2試合の強化試合。第1戦は5-6で敗れ、第2戦は3-0で勝利。この日は相手投手が出した四球でチャンスを貰うと、それを得点に繋げた。6安打7四球ながら3得点だったが、投手陣の完封リレーで勝利を掴んだ。

 1勝1敗で終わったカナダとの2試合。試合後、公式会見に姿を見せた稲葉篤紀監督は2試合で見えた課題と収穫を口にした。

 収穫に挙げたのは、やはり投手陣。第1戦に先発した山口が6失点したものの、その後の6投手は無失点リレー。そして、この日も先発の今永、2番手の大野をはじめ、5投手が完封リレー。結果的には山口と発熱のために登板のなかった岸以外の11投手は無失点で指揮官は「やはり投手は素晴らしい投球をしてくれた」と称賛した。

 一方で課題として挙げたのは、やはり打線。前日は8安打で5得点、この日は6安打で3得点。外国人投手特有の動くボールにはやはり手を焼いた。指揮官は「長打を含めて、たくさん打って点を取ることは難しい。1点の取り方というものをミーティングをして、コツコツやっていくことをみんなでやりたい」とコメント。国際大会で連打、長打はなかなか難しい。少ないチャンスを生かして、いかに1点を取りにいくか、をテーマに掲げた。

 この日の3得点はいずれも先頭打者の四球から生まれたもの。「四球を選んで、1本で帰ってくるという日本の野球ができた」と稲葉監督。2試合で得た課題と収穫を糧に、侍ジャパンは2日、オープニングラウンドの地・台湾へと向かう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)