侍J今永がカナダ戦3回6Kも「これはやばいと…」 「プレミア12」の鍵となるのは?

侍J今永がカナダ戦3回6Kも「これはやばいと…」 「プレミア12」の鍵となるのは?

1日のカナダ戦に先発した侍ジャパン・今永昇太【写真:Getty Images】

ブルペンで不調も捕手・會澤が導き カーブ、カットボールで

 11月2日(日本時間3日)開幕の「第2回 WBSCプレミア12」に参加する野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」カナダ戦に臨み、3-0で勝利した。先発の今永昇太投手(DeNA)は3回1安打6奪三振無失点と圧巻の投球を披露した。

 今永は最速150キロの直球にカットボール、カーブ、チェンジアップを交えて打者を翻弄。初回先頭のダルトン・ポンペイを空振り三振に斬ると2回先頭からは5者連続三振と好投した。

 しかし試合前は「これはやばいと思った」という。「ブルペンでは4球(連続)ボール。自分の中でもこれまでないくらい」とそのコントロールは絶不調。しかし、この日コンビを組んだ會澤が好リード。宮崎合宿からコミュニケーションを取り、この日もカットボールとカーブを有効に使い、三振を積み上げた。

「プレミア12」オープニングラウンドでグループBの日本は、5日からベネズエラ、プエルトリコ、チャイニーズ・タイペイと3試合を行い、今永はいずれかで先発予定。今回の収穫に加えて“鍵”となるのが「外の真っすぐ」だという。「インコースの直球よりも、外の真っすぐの精度が大事だと思う。中に入ると持っていかれる」とパワーのある外国人バッターを相手とした対策法を語った。

 本戦に向けて最後の登板機会となったこの試合は「色んなことを準備したがそれを出せるかな、と心配したり。ブルペンも試合もダメだったら…と」不安を抱えての登板だったが、「やりたいことは全てできた」とすべて払しょくする内容に、自信をみなぎらせた。「調整(登板)ではなく、試合で結果を大事にしてきた。いい形で台湾に行ける」と今永。今回の収穫が台湾ではどのように実るだろうか。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)