侍ジャパン、気がかりな坂本の不調 スタメン唯一2試合無安打、稲葉監督「話はした」

侍ジャパン坂本勇人がスタメン唯一の2試合無安打 稲葉篤紀監督「試合中に少し話」

記事まとめ

  • 野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄でカナダ戦に臨み、3-0で勝利した
  • 今永昇太ら投手陣が無失点リレーで勝利も、坂本勇人は2試合を通じて8打席ノーヒット
  • 稲葉篤紀監督はバッティングについて坂本と「試合中に少し話をしました」と明かした

侍ジャパン、気がかりな坂本の不調 スタメン唯一2試合無安打、稲葉監督「話はした」

侍ジャパン、気がかりな坂本の不調 スタメン唯一2試合無安打、稲葉監督「話はした」

1日のカナダ戦に出場した侍ジャパン・坂本勇人【写真:Getty Images】

打線は6安打3得点、稲葉監督も「長打を含めて、たくさん打って点を取るのは難しい」

 野球日本代表「侍ジャパン」は1日、沖縄セルラースタジアム那覇で「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」カナダ戦に臨み、3-0で勝利した。11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に向けて最後の実戦の機会。先発の今永昇太投手(DeNA)ら投手陣が無失点リレーで繋いでリードを守って勝利した。

 台湾で行われる「プレミア12」のオープニングラウンドに向けて、前日とこの日に行われたカナダ戦が最後の実戦の機会だった。結果は1勝1敗の五分。第1戦に先発した山口俊投手が6失点こそしたものの、2試合を通じての失点はこの6点のみ。登板した残る11投手は無失点、第2戦は完封リレーと投手陣に関しては大きな収穫となった。

 一方で打線はなかなか繋がらず。第2戦は相手投手から7つの四球を貰いながら、6安打で3得点。外国人投手の“動くボール”にはやはり手を焼くようで、稲葉篤紀監督も「長打を含めて、たくさん打って点を取るのは難しい。1点の取り方を、ミーティングをしてコツコツやっていくことをみんなでやりたい」と、1点を着実に取る攻撃の必要性を語っていた。

 その打線の中で気がかりなのが、坂本勇人内野手の状態だ。第1戦は「3番・遊撃」でスタメン出場し、5打席に立って無安打(犠飛が1本)。第2戦は巨人と同じ「2番・遊撃」で2試合連続スタメン出場し、3打席無安打2三振。2試合を通じて8打席ノーヒット。2試合ともにスタメン出場した中で無安打だったのは坂本のみだった。

途中出場の西武・源田が第1打席で安打、「勇人にもいい刺激になったと思います」

 指揮官も坂本の状態は気になるようで、試合後の会見では「試合中に少し話をしました」と坂本とバッティングについて言葉を交わしたことを明かした。詳細については伏せたものの、「どういう状態で、どうしなきゃいけないかという修正点というのを本人の中で分かっていて、話をしてくれた」と語っていた。

 このカナダとの2試合目では坂本に代わって途中出場した源田が1打席目で安打を放ち、好守も光った。源田のこの日の動きに稲葉監督も「勇人にもいい刺激になったと思います。台湾での3試合、どうスタメンで使っていくか考えていきたい」と、スタメン起用の可能性も感じさせていた。

 侍ジャパンは2日にオープニングラウンドの舞台となる台湾に出発する。当地では2日間、練習を行い、5日に初戦のベネズエラ戦を戦う。指揮官は坂本について「練習日が2日間ありますので、色々試しながらやっていきますという話はしました。練習の中で状態を見ながらやっていきたい」という。坂本が本来の状態を取り戻せるか。侍ジャパンにとっても、大きなポイントになりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)