元MLBスター選手が“ぶっ飛び”選出 WSのMVPに胸露出女性を指名「2人とも、おめでとう」

元MLBスター選手が“ぶっ飛び”選出 WSのMVPに胸露出女性を指名「2人とも、おめでとう」

フィリーズなどでプレーし、オールスターにも三度出場した経歴を持つレニー・ダイクストラ氏【写真:AP】

ワールドシリーズ第5戦で胸を露出し“出禁”となった2人をシリーズMVPに選出

 メジャーリーグはナショナルズがワールドシリーズでアストロズを4勝3敗で下し、球団史上初の世界一に輝いた。同シリーズで2勝を挙げたストラスバーグ投手がワールドシリーズMVPを手にしたが、元MLBスターは胸を露出し“出禁”となった女性をMVPに選出した。

 メッツとフィリーズで活躍し、オールスターにも3度出場したレニー・ダイクストラ氏。現役時代は飲酒運転事故を起こし、引退後は覚醒剤所持や脅迫の容疑で起訴されるなどトラブルメーカーとして有名だ。

 ナショナルズが接戦を制し初の世界一に輝いたが同氏は自身のツイッターで「スティーブン・ストラスバーグは素晴らしい活躍だった。そして彼のワールドシリーズMVP受賞を祝福する」と称賛したが、やはりそこはトラブルメーカー。続けざまに「レニー・ダイクストラが選ぶワールドシリーズMVPはジュリア・ローズとローレン・サマーの2人に共有される。2人とも、おめでとう!」と綴った。

 ダイクストラ氏がMVPに指名したジュリア・ローズとローレン・サマーはワールドシリーズ第5戦でバックネット裏から胸を露出させMLB機構から無期限の球場への“出禁”処分を受けた2人だった。

 2人はアストロズの20勝右腕・コールがマウンドに立った時に胸を露出させ“妨害”。第5戦はアストロズが勝利したが、その後はナショナルズが連勝し世界一に輝き、ファンからは“勝利の女神”としても注目を浴びている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)