中日、戦力外2選手がトライアウトへ 現役続行への挑戦、そして妻の涙で気づいた思い

中日、戦力外2選手がトライアウトへ 現役続行への挑戦、そして妻の涙で気づいた思い

中日から戦力外通告を受けた近藤弘基(左)、杉山翔大【写真:荒川祐史】

戦力外となった杉山、近藤が練習をともにし12球団トライアウトへ

 10月29日。雨のナゴヤ球場はひっそりとしていた。この日は休み。翌日からの秋季キャンプに備え、選手は静養していた。

 しかし、室内練習場からは乾いた打球音が聞こえてくる。中に入ると、10月1日に中日から戦力外通告を受けた杉山翔大が投げる球を近藤弘基が打っていた。ともに11月12日に舞洲で開催される12球団合同トライアウトを受ける。

「チームの練習がある日は7時から9時、休みの日は10時から正午まで。迷惑はかけられないので、みんながいない時間に練習しています」

 杉山が汗をぬぐった。通算207試合。2割1分3厘。6本塁打。45打点。2016年には104試合に出場し、正捕手争いから一歩抜け出しかに見えたが、去年と今年は1軍昇格なし。中日在籍7年。28歳。妻の春香さんと暮らしている。

「僕はクビになった翌日から毎日練習しています。まだ体も動くし、やれると思っています。NPBの球団に入るのがベストですが、独立リーグや社会人からのお誘いがあれば、話を聞いてみたい。ただ、家族がいるので、ダメなら就職するつもりです」

 杉山に一番の思い出を聞いた。

「今年ですね。結果を残しても、上に呼ばれず、歯がゆかったし、悔しかった。チーム事情でサードも守りましたが、どんどんキャッチャーの出場機会が減りました。『あれ?どうしてだ?』と不安や不信になる時期もありました。でも、ふと8月上旬に『今の自分は後輩からどう映っているんだろう』と思うようになったんです。そこからですね。もう1度自ら動いて、大きな声を出して、必死になったのは。色々な心境で野球をした今年が一番印象に残っています」

杉山は練習パートナーの近藤、妻に感謝「背中を押してもらいました」「救われました」

 秋に突き付けられた厳しい現実。ただ、妻は気丈だった。

「落ち込んでいると思ったんですが、『プロ野球選手と結婚した時から覚悟はあった。まだできる。頑張って』と背中を押してもらいました。ありがたいです」

 杉山には他にも感謝している人がいる。

「弘基です。練習パートナーは本当に心強い。最初は1人でした。2、3日は平気でしたが、だんだん心が折れてくる。1週間くらいして弘基が『僕もトライアウトを受けることにしました』と言って、一緒に練習するようになった時は救われました」

 近藤のアンダーシャツには「45」という数字が。杉山の背番号だ。

「僕、野球道具を全部捨てたんです。だから、杉山さんにもらいました。僕の夢はドラゴンズで活躍すること。そのドラゴンズに要らないと言われたら、もうそこで終わり。だから、9月30日の練習後にマネージャーから『明日、球団事務所に行ってくれ』と言われた直後、ロッカーを整理したんです」

 通算40試合。1割8分4厘。3本塁打。5打点。中日在籍5年(育成1年、支配下4年)。26歳。妻の菜月さんと2人暮らしだ。近藤と言えば、2016年8月2日のデビュー戦。それは父(近藤真市)のDNAを強く感じさせる華々しいものだった。

「父も8月の巨人戦でノーヒットノーランでしたし、何かあるのかなと。2点タイムリーを打った時のランナーが享栄の先輩の武山(真吾)さんと大島(洋平)さんでした。これも何かの縁。結局、2軍でも経験のなかった猛打賞。あの試合が一番の思い出です」

野球への未練はないが練習を開始「今まで支えてくれた人の気持ちを考えていませんでした」

 笑顔で振り返る近藤に野球への未練は全くない。では、なぜ練習を始めたのか。転機は戦力外通告を受けた数日後だった。

「妻と一緒に家で野球用品を片付けていた時、ユニフォームをたたんでいた妻の手が止まったんです。『どうした?』と聞くと、『本当はトライアウトを受けて欲しいんだよね』と」

 妻はこぼれ落ちる涙をぬぐいながら、懸命に笑みを浮かべた。

「その時、全て自分1人で決断していることに気付いたんです。今まで支えてくれた人の気持ちを考えていませんでした」

 背番号「67」を完全にたたむのはもう少し先でいい。

「実は同じ頃にナゴヤ球場でいつも応援してくれる親子に会ったんです。お母さんと小学生の男の子。今まで帽子やTシャツにサインしましたし、白のリストバンドもプレゼントしたことがありました」

 その日が久しぶりの再会だった。

「この子、戦力外通告の日から元気がなくて。でも、直接会ってお疲れ様を言おうと思って、何度もここに来たんです。今日、やっと会えました。嬉しいです」

 お母さんの声は震え、目には光るものがあった。男の子は下を向いたままだった。涙が止まらなかった。最後まで「お疲れ様」は言えなかった。

「でも、気持ちはすごく伝わりました。僕みたいな選手をここまで応援してくれているファンがいる。もう1度、プレーしようと決めました」

 12球団合同トライアウト。それは敗者復活をかけた公開オーディションであり、最後の雄姿を見せる引退試合でもある。スタンドにはスカウト、家族、ファンが集まる。きっと杉山は死に物狂いで戦うだろう。そして、近藤は恩返しのために全てを出し切るに違いない。左手に白いリストバンドをつけて。(CBCアナウンサー 若狭敬一/ Keiichi Wakasa)
<プロフィール>
1975年9月1日岡山県倉敷市生まれ。1998年3月、名古屋
大学経済学部卒業。同年4月、中部日本放送株式会社(現・株式会
社CBCテレビ)にアナウンサーとして入社。
<現在の担当番組>
テレビ「サンデードラゴンズ」毎週日曜12時54分〜
「High FIVE!!」毎週土曜17時〜
ラジオ「若狭敬一のスポ音」毎週土曜12時20分〜
「ドラ魂キング」毎週金曜16時〜

関連記事(外部サイト)