「プレミア12」は「WBC」と並ぶ世界最高峰 2020年五輪予選兼ねる重要大会

「プレミア12」は「WBC」と並ぶ世界最高峰 2020年五輪予選兼ねる重要大会

侍ジャパンを率いる稲葉監督【写真:Getty Images】

「プレミア12」はWBSC主催で、MLBが主催する「WBC」の中間年に開催される

「第2回 WBSC プレミア12」は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する野球のフル代表による国際大会だ。プロも含めたフル代表の国際大会には、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)がある。こちらもWBSC公認の大会だが、主催はMLB機構とMLB選手会だ。

 WBSCの前身であるIBAF(国際野球連盟)は、これまで野球のワールドカップやインターコンチネンタルカップという国際大会を開催してきたが、MLBの援助を受けてWBSCに改組した際に、これらの国際大会は廃止された。またワールドカップに代わる国際大会であるWBCは、MLBが再度主催することになった。

 これによってWBSCの資金面の問題が生じたため、WBCの中間年にWBSC主催で「プレミア12」が開催されることとなった。こちらも4年に1度開催される。2015年に第1回が行われ、今年が第2回となる。

 WBCは、以前は招待国だけの大会だったが、現在はWBSC参加国による予選を経て本大会が行われる。しかしプレミア12は、予選はなく、WBSCランキング上位12か国の招待試合として行われる。

 第1回は、2014年末までのWBSC世界野球ランキング上位12か国・地域を招待した。

1位 日本
2位 アメリカ
3位 キューバ
4位 台湾
5位 オランダ
6位 ドミニカ共和国
7位 カナダ
8位 韓国
9位 プエルトリコ
10位 ベネズエラ
11位 イタリア
12位 メキシコ

 オープニングラウンドは札幌ドームでの開幕戦を除いて台湾で行われた。ノックアウトステージ(決勝トーナメント)は、台湾と東京で行われ、韓国が優勝、準優勝はアメリカ、3位は日本だった。

日本を除いたアジア・オセアニア最上位国、北中米南米最上位国が2020年東京五輪出場権を得る

 今年行われる第2回プレミア12は2018年末のWBSC世界野球ランキング上位12か国・地域を招待して行われる。前回11位だったイタリアが外れてオーストラリアが入っている。順位も変動している。

1位 日本
2位 アメリカ
3位 韓国
4位 台湾
5位 キューバ
6位 メキシコ
7位 オーストラリア
8位 オランダ
9位 ベネズエラ
10位 カナダ 
11位 プエルトリコ
12位 ドミニカ共和国

 オープニングラウンドは、前回大会1〜3位の国が別の組になっている。

グループA 開催地メキシコ 11月3日〜6日
アメリカ、ドミニカ共和国、オランダ、メキシコ

グループB 開催地・台湾 11月5日〜7日
日本、台湾、ベネズエラ、プエルトリコ

グループC 開催地・韓国 11月6日〜8日
韓国、キューバ、カナダ、オーストラリア

上位6チームによるスーパーラウンド 開催地、日本 11月12日〜13日
総当たりのリーグ戦だが、同一グループ同士の対戦はなし

3位決定戦・決勝 開催地・日本 11月15日〜16日

 今回もMLB40人枠の選手は出場していない。アメリカはそれ以外の選手でチームを組んでいる。

 WBSCは、国際大会の成績に応じてポイントを付与してランキングを作成している。プレミア12優勝国には、WBC優勝国と同様、最高の300ポイントを獲得する。

 2019年プレミア12は、東京五輪野球競技の予選でもある。開催国の日本を除いたアジア・オセアニア最上位国と北中南米最上位国の2チームが出場権を獲得する。各国にとって五輪出場をかけた真剣勝負の場となる。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)