西武は外野、鷹は二塁…FA市場“開幕”、各球団の補強ポイントと予算を確認【パ編】

西武は外野、鷹は二塁…FA市場“開幕”、各球団の補強ポイントと予算を確認【パ編】

FA宣言をした楽天・美馬、西武・秋山、ロッテ・鈴木、ソフトバンク・福田(左から)【写真:荒川祐史】

楽天の補強ポイントは先発投手と捕手か

 11月2日、今季のFA宣言選手が公示され、3日から各球団は宣言選手との交渉が可能になった。この【FA選手の最適球団はどこか】シリーズでは各FA選手にとってどの球団が最も戦力的にフィットするか、適した移籍先を探す。今回はその前提として、パ・リーグの球団にどういった戦力のニーズがあるか、また選手を獲得できるだけの予算が残っているかを確認していく。

 イラストは、各ポジションのリーグ平均を0とした場合、各球団がそれに比べ打撃・守備(投手の場合は投球)のはたらきでどれだけ差をつくったかを表したものだ。セイバーメトリクスの手法を使い、各ポジションの成績を試合における得点の単位に換算している。

 例えば西武の一塁手であれば、リーグの平均的な一塁手が出場する場合に比べ、打撃で34.4点チームの得点を増やし(+34.4)、守備で7.5点多く失点を増やしてしまった(−7.5)。この合計でプラス26.9点となる。値は投手も野手もプラスのほうが優れていると見てほしい。

【西武】 ニーズ:先発・救援・外野・指名打者

 西武最大の弱点は投手陣だ。昨オフ、エースの菊池雄星が退団。期待された多和田真三郎も不調で、先発は危機的な状況を迎えた。先発・救援ともにニーズは非常に高い。

 ただそれ以上の問題とも考えられるのが外野だ。今季は秋山翔吾が守る中堅以外のポジションで他球団に大きな差をつけられた。そしてその秋山もFA宣言。現在外野の一角を担う金子侑司もFA権取得が近づいており、来季だけでなく数年後の目処も非常に立ちづらくなっている。外野手のニーズは極めて高い。強打の外野手であれば弱点の指名打者での起用も考えられる。

【ソフトバンク】ニーズ:二塁

 今季は故障者が続出し、例年であれば強みになるはずの外野が大きな弱点となった。ただ故障や病気に見舞われた柳田悠岐や中村晃がある程度成績を回復させることを見込むと、外野補強の必要性は薄い。

 補強優先度が高いのは内野だ。二塁が弱点になっているほか、一塁の内川聖一、三塁の松田宣浩はそれぞれ37歳と36歳。近い将来世代交代が必要になりそうだ。すぐにレギュラー争いに加われそうな若手がいない現状、FAで内野の弱点を埋める選択肢はあっていいのではないだろうか。

【楽天】ニーズ:先発・捕手

 先発の値が−6.3と平均を下回っているが、これは則本昂大、岸孝之の長期離脱が大きく影響している。彼らがシーズンを通してある程度投げられるなら、先発が大きな弱点になることはなさそうだ。

 ただ岸の契約が残り1年になっていること、近年ドラフト1位で獲得した安楽智大、藤平尚真、近藤弘樹らが伸び悩んでいることを考えると、長期的に先発ローテーションで稼働できる投手のニーズは高い。また捕手も大きな弱点になっている。

ロッテ、日本ハム、オリックスの補強ポイントは…

【ロッテ】ニーズ:一塁・遊撃

 鈴木大地のFA宣言により、今季鈴木が守ることが多かった一塁が空く可能性がある。井上晴哉が一塁に入れば今度は指名打者に穴ができる。これらのポジションにふさわしい打力のある選手のニーズは高い。

 遊撃は今季、藤岡裕大、三木亮、平沢大河らが守ったが、−16.9とリーグ内でかなり劣った働きとなっている。チーム内で最も補強の優先度が高いポジションだ。

【日本ハム】ニーズ:一塁・三塁・指名打者

 内野にチームの弱点が集中している。中島卓也の残留が決まったが、なお内野の戦力不足は深刻だ。一塁は弱点になってはいるが、中田翔、清宮幸太郎とすでに人材はいるため補強を躊躇しそうになる。ただもし一塁の補強と清宮の成長のタイミングがかぶることがあっても、一方を指名打者に入れ、近藤健介を左翼に専念させるなどで併用も可能だ。長打力に課題のあるチームだけにこのポジションの補強は積極的に行いたい。三塁にも同じく長打力のある選手が求められる。

 二塁のマイナスも大きいが、これは浅村栄斗、外崎修汰、中村奨吾など、パ・リーグ二塁手のレベルが非常に高くなったことによるものだ。今季レギュラーに定着した渡邉諒に大きな問題があると考える必要はない。

【オリックス】ニーズ:捕手・一塁・三塁・中堅

 補強ポイントは野手陣だ。捕手、一塁、二塁、三塁、中堅と複数のポジションが大きな弱点となっている。もしこれらのポジションに有力な選手を獲得できた場合、見返りは非常に大きい。

 ただその中でも優先順位はある。日本ハムの項でも述べたように二塁のマイナスはパ・リーグ二塁手のレベルの高さゆえのものだ。レギュラーの福田周平にそれほど大きな問題と捉える必要はない。また太田椋など将来有望な二遊間の若手も控えており、中長期的にも二塁のニーズは低い。

パ・リーグ各球団の2020年残り予算を推測

 最後に各球団にFA選手を獲得できるだけの予算が残されているかを確認したい。イラストは現時点で退団報道が出ていない支配下登録選手の来季年俸(推定)をチームごとにまとめたものだ。未更改の選手については、今季の成績でどの程度年俸が上がるか、過去選手の成績と年俸の変動データから、機械的に予測した年俸を使っている。

【西武】

 優勝により多くの選手の年俸が上がることを考えると、秋山ら高年俸選手がいなくなった場合でも残り予算は大きくない。ただこのグラフには今季推定年俸5億円のエルネスト・メヒアが含まれている。現在球団はメヒアと残留交渉を続けているとの報道があったが、残留となっても大幅な減俸は間違いない。その分予算に空きができそうだ。

【ソフトバンク】

 近年最も総年俸が高かったのは2018年だ。この頃は摂津正、五十嵐亮太、本多雄一ら高年俸選手がまだ所属していた。そこから比べると現在は予算に10億円近い空きがあると推測される。複数のFA選手獲得も十分可能だ。

【楽天】

 近年、高年俸のFA選手を次々と獲得している楽天だが、他球団と比べてそこまで予算が膨れあがっているわけではない。ただ空き予算は多くない。来季も例年並の予算を維持するのであれば、美馬の残留交渉と別にFA選手の獲得に向かうのは難しいだろう。

【ロッテ】

 現時点で3億円以上の空き予算が生まれていると推測されるが、これは外国人選手3名の退団をすでに見込んでいるためだ。退団人数分、外国人選手の獲得を行えば空き予算はそれほど多くない。鈴木の残留交渉と別に予算を確保するのは難しそうだ。

【日本ハム】

 すでに外国人選手2名の退団が決定的。その2選手の年俸を除いても残り予算は2億円弱しか残っていないと推測される。残り予算は2選手に替わる新外国人選手獲得に使われる可能性が高い。FA選手の獲得に向かう余裕はなさそうだ。

【オリックス】

 チームは2014年オフに大型補強を敢行。ここ数年はこの頃に比べると予算抑えめで運営されている。数年前並の予算が確保できるのであれば複数のFA選手獲得も可能だ。(DELTA)

DELTA
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1・2』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。

関連記事(外部サイト)