オリ頓宮が「推定150メートル弾!」スコアボード破壊弾の“衝撃”を球団レポート

オリ頓宮が「推定150メートル弾!」スコアボード破壊弾の“衝撃”を球団レポート

オリックス・頓宮裕真【写真:荒川祐史】

オリックス頓宮は右の若手長距離砲「プロの凄さを感じて」

 オリックスの頓宮裕真内野手が高知・高知市で行われている秋季キャンプでスコアボードを“破壊”する打撃を見せた。球団公式ツイッターが伝えている。

 球団公式ツイッターは秋季キャンプ地・高知市東部野球場のスコアボードの写真をアップ。打球が当たったとみられる箇所は明らかに故障している。球団公式ツイッターは「頓宮選手の推定150メートル弾! プロの凄さを感じにキャンプへ遊びに来てくださいね」と綴っている。

 18年ドラフト2位でオリックス入りした頓宮は右の若手長距離砲。今季28試合出場し、打率.198、3本塁打、10打点だったが、10月の侍ジャパンとの練習試合で捕手として出場するなど来季以降の飛躍が期待されている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)