【プレミア12】侍J山口は4回1失点で降板 4回終えて1点ビハインド、浅村が初安打放つも得点ならず

【プレミア12】侍J山口は4回1失点で降板 4回終えて1点ビハインド、浅村が初安打放つも得点ならず

ベネズエラ戦のスタメンに名を連ねた侍ジャパンの楽天・浅村栄斗【写真:Getty Images】

4回に浅村がチーム初安打となる右前安打を放ったが、続く丸が二ゴロ凡退

■日本 – ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦に臨んだ。3回までベネズエラ先発のドゥブロンの前に無安打に抑えられていた侍ジャパン打線に4回、ようやく初安打が飛び出した。

 4回、先発の山口俊が遊撃併殺崩れの間に先制された直後だった。先頭の近藤が四球で出塁。鈴木、吉田は凡退したものの、浅村が右翼線への安打を放ち、これがチーム初安打。2死一、三塁とチャンスを拡大した。

 だが、続く丸は二ゴロに凡退。3球目に右翼線への鋭い当たりを放ったが、わずかにファウル。同点とはならず、4回を終えて侍ジャパンは1点のビハインドとなっている。5回からは山口に代わって山岡がマウンドに上がり、山口は4回5安打1失点、77球で降板となった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)