【プレミア12】侍ジャパンが逆転! 菊池の同点打、鈴木の逆転打で試合をひっくり返す

【プレミア12】侍ジャパンが逆転! 菊池の同点打、鈴木の逆転打で試合をひっくり返す

ベネズエラ戦のスタメンに名を連ねた侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】

5回に小林の四球、坂本の遊撃エラーでチャンスを広げる

■日本 – ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦に臨んだ。1点ビハインドの5回、菊池と鈴木の適時打で逆転に成功した。

 4回に先発の山口俊が1死満塁のピンチを招き、遊撃併殺崩れの間に先制点を奪われた。その裏、侍ジャパンは先頭の近藤が四球で出塁。鈴木、吉田は凡退したものの、浅村が右翼線への安打を放ち、これがチーム初安打。2死一、三塁とチャンスを拡大した。だが、続く丸は二ゴロに凡退。3球目に右翼線への鋭い当たりを放ったが、わずかにファウルだった。

 ここまで1安打に封じられていたドゥブロンは4回で降板。2番手でソティレットが登板すると、その右腕をつかまえた。1死から小林が四球で出塁すると、坂本の遊ゴロを相手遊撃手が悪送球。1死一、三塁となると、菊池が右前適時打を放って追いついた。さらに近藤が歩かされると、鈴木が中前適時打。一気に試合をひっくり返して、1点のリードを奪った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)