【プレミア12】侍ジャパン、同点に追いつかれる 2番手山岡が元ヤクルトのリベロに同点打食らう

【プレミア12】侍ジャパン、同点に追いつかれる 2番手山岡が元ヤクルトのリベロに同点打食らう

侍ジャパンのオリックス・山岡泰輔【写真:Getty Images】

山岡は無死一、二塁のピンチを招き、リベロに左翼フェンス直撃の適時打を許す

■日本 – ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦に臨んだ。逆転に成功した直後の6回、2番手の山岡がベネズエラ打線につかまって再び試合を振り出しに戻された。

 5回に菊池と鈴木の適時打で逆転に成功した侍ジャパンだったが、6回に2番手山岡がつかまった。先頭のフエンマヨールに中前安打を浴びるとゴドイは三塁へのボテボテのゴロ。これが三塁線上をコロコロと転がり、切れずにフェアとなり内野安打に。続く元ヤクルトのリベロに左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びて同点に追いつかれた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)