【プレミア12】侍ジャパン山口、4回1失点で降板 「3者凡退のイニングが無かった」

【プレミア12】侍ジャパン山口、4回1失点で降板 「3者凡退のイニングが無かった」

ベネズエラ戦に先発した侍ジャパンの巨人・山口俊【写真:Getty Images】

先発の山口は4回5安打6奪三振1失点で降板

■日本 – ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日に台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組の初戦、ベネズエラ戦を戦った。先発の山口俊投手は4回5安打、6奪三振1失点で降板となった。

 初回、立ち上がりにも2者連続安打を打たれてピンチを招いたが、その後はフォークが決まって窮地を脱した。3回までに4三振を奪っていたが、4回に掴まった。先頭のフエンマヨールに中前安打を打たれると、ゴドイには四球。続くリベロは直球で空振り三振に取ったものの、ブランコの左前安打で満塁とされ、マチャドの遊ゴロ併殺打の間に先制を許した。

 4回を投げ終え1失点だった山口は「3者凡退のイニングが無かったので、良いリズムは作れませんでしたが、最少失点で後に繋ぐことが出来たのは良かったです。このあとは一生懸命仲間を応援します」とコメントした。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)