過去10年のFAで“泣いた球団”はどこ? セ・リーグの移籍は阪神がトップの5選手

過去10年のFAで“泣いた球団”はどこ? セ・リーグの移籍は阪神がトップの5選手

阪神からDeNAへFA移籍した大和【写真:荒川祐史】

過去10年でセ・リーグからFA宣言した選手が最も多い球団は?

 プロ野球はシーズンオフに入り各球団は“ストーブリーグ”に突入した。フリーエージェント(FA権)を取得し宣言した選手たちの動向に注目が集まっている。ここでは過去10年でFA宣言(海外FAも含む)しチームを去った選手たちを振り返る。

 セ・リーグからFA宣言し移籍した選手たち(2009年から18年まで)

【巨人】4人
2009 高橋尚成 投手 →米・マイナー
2011 鶴岡一成 捕手 →DeNA
2011 大村三郎 外野手 →ロッテ
2013 小笠原道大 内野手 →中日

【DeNA】4人
2010 内川聖一 内野手 →ソフトバンク
2011 村田修一 内野手 →巨人
2014 金城龍彦 外野手 →巨人
2016 山口俊 投手 →巨人

【阪神】5人
2009 藤本敦士 内野手 →ヤクルト
2012 藤川球児 投手 →米・カブス
2012 平野恵一 内野手 →オリックス
2013 久保康友 投手 →DeNA
2017 大和 内野手 →DeNA

最も多かったのは阪神の5選手、その他は…

【広島】3人
2013 大竹寛 投手 →巨人
2015 木村昇吾 内野手 →西武(入団テストを経て)
2018 丸佳浩 外野手 →巨人

【中日】3人
2011 小池正晃 外野手 →DeNA
2013 中田賢一 投手 →ソフトバンク
2015 高橋聡文 投手 →阪神

【ヤクルト】2人
2009 五十嵐亮太 投手 →米・メッツ
2014 相川亮二 捕手 →巨人

 セ・リーグで最も多かったのは阪神の5選手。藤川は夢のメジャーに挑戦し平野は古巣オリックスに移籍。近年では久保、大和がDeNA入り。

 移籍先で最も人気を集める巨人、DeNAが次点の4選手。高橋はメジャー挑戦だが、鶴岡、大村、小笠原は全盛期を過ぎてのFA移籍だった。DeNAは内川、村田とチーム主軸、山口は今季巨人で投手3冠を達成した。広島、中日は3選手、最も少なかったのはヤクルトだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)