【プレミア12】侍ジャパン、土壇場8回に逆転 相手救援陣大荒れ、5四球と菊池の適時打でひっくり返す

【プレミア12】侍ジャパン、土壇場8回に逆転 相手救援陣大荒れ、5四球と菊池の適時打でひっくり返す

侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】

8回1死満塁で坂本に代えて代打・山田を起用、押し出し四球で1点差に迫る

■日本 – ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を戦い、土壇場の8回に再び試合をひっくり返した。

 2点ビハインドで迎えた8回、侍ジャパン打線が意地を見せた。先頭の浅村が四球で出塁すると、続く丸も連続四球。松田は送りバントに失敗したが、會澤も四球を選び1死満塁に。ここで稲葉篤紀監督は坂本に代えて代打・山田を起用した。

 その初球は左翼ポール際への大ファウル。惜しくも満塁弾とはならなかったが、山田はその後、四球を選んで押し出しとなり1点差に。続く菊池
は左前適時打を放って同点に追いつくと、近藤も四球を選んで、この回2つ目の押し出しで逆転に成功した。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)