【プレミア12】侍ジャパン、ヒヤヒヤ大逆転発進! ベネズエラに大苦戦も8回に7四死球などで6得点

「侍ジャパン」がプレミア12でベネズエラ戦に8-4で勝利 8回に5点を奪って逆転勝利

記事まとめ

  • 「侍ジャパン」は5日、台湾で「第2回 WBSCプレミア12」のベネズエラ戦を戦い勝利
  • 2点ビハインドの8回に5つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで大量5点を奪った
  • 3点のリードを奪った9回は守護神の山崎がマウンドに上がり、リードを守り抜いた

【プレミア12】侍ジャパン、ヒヤヒヤ大逆転発進! ベネズエラに大苦戦も8回に7四死球などで6得点

【プレミア12】侍ジャパン、ヒヤヒヤ大逆転発進! ベネズエラに大苦戦も8回に7四死球などで6得点

侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】

8回に5つの四球と、菊池の適時打、鈴木の犠飛などで大逆転

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を戦い、8-4で大逆転勝利した。6回に一気に3点を奪われて試合をひっくり返されたが、2点ビハインドの8回に7つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで大量6点を奪って大事な初戦に勝利した。

 4回、先発の山口が1死満塁のピンチを招くと、遊ゴロ併殺崩れの間に先制点を献上した。だが、5回1死一、三塁のチャンスを作ると、菊池が右前適時打を放って同点。さらに満塁にチャンスを広げて鈴木が中前適時打を放って逆転に成功した。

 リードを奪った侍ジャパンだったが、その直後の6回、2番手・山岡がつかまった。先頭のフエンマヨールに中前安打を浴びるとゴドイは三塁へのボテボテのゴロ。これが三塁線上をコロコロと転がり、切れずにフェアとなり内野安打に。続く元ヤクルトのリベロに左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びて同点に追いつかれた。

 ブランコを一ゴロに打ち取って1死としたところで、山岡から大竹にスイッチ。大竹はマチャドをつまらせて二ゴロに打ち取ったが、なぜか1死二、三塁で守備位置は定位置。このゴロの間に三塁走者が生還し、逆転を許した。さらに4番手中川がロドリゲスに二塁への適時内野安打を浴びて、この回3点目を奪われた。

 2点のビハインドを背負うこととなった侍ジャパン打線は8回に再び試合をひっくり返す。先頭の浅村、続く丸の連続四球でチャンスを作ると、會澤も四球を選んで1死満塁に。坂本に代わる代打・山田が押し出し四球を選び、菊池の左前適時打で同点に追いついた。さらに近藤の押し出し四球で逆転、鈴木の犠飛、源田の適時内野安打でさらに加点し、この回一気に6点を奪い取った。

 3点のリードを奪った9回は守護神の山崎がマウンドに上がり、リードを守り抜いた。ベネズエラに大苦戦を強いられながらも、辛くも逆転勝利を収めた侍ジャパン。スーパーラウンド進出に向けて大事な初戦を、まず勝利で飾った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)