【プレミア12】侍・稲葉監督「バットが潜っていた」坂本に代打の“勝負手”で逆転 「山田に賭けた」

【プレミア12】稲葉篤紀監督「山田に賭けた」 ベネズエラ戦で侍ジャパン大逆転勝利

記事まとめ

  • 台湾で第2回 WBSCプレミア12が開催され、侍ジャパンとベネズエラ代表が対戦した
  • 侍ジャパンの稲葉篤紀監督は坂本勇人に代打・山田哲人を送る“勝負手”で、逆転した
  • 稲葉監督は試合後に代打・山田の采配について、「山田に賭けた」と振り返った

【プレミア12】侍・稲葉監督「バットが潜っていた」坂本に代打の“勝負手”で逆転 「山田に賭けた」

【プレミア12】侍・稲葉監督「バットが潜っていた」坂本に代打の“勝負手”で逆転 「山田に賭けた」

侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】

8回に一挙6点で大逆転「粘りながら四球を選んで繋いでつないで点を取れた」

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦に臨み、8-4で大逆転勝利した。2点ビハインドの8回に7つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで大量6点を奪って大事な初戦に勝利。ヒヤヒヤの白星発進となり、稲葉篤紀監督は「いい勝ち方だった」と振り返った。

 執念の勝利だった。2点ビハインドの8回、侍ジャパンは先頭の浅村、続く丸の連続四球でチャンスを作ると、會澤も四球を選んで1死満塁。ここで稲葉監督は坂本に代打・山田を送ると、押し出し四球を選び1点差に。続く菊池の左前適時打で同点に追いついた。さらに近藤の押し出し四球で逆転、鈴木の犠飛、源田の適時内野安打で加点し、この回一挙6点を奪い取って大逆転勝利を収めた。

 試合後、稲葉監督は「今日は初戦ということで緊張感あるなか試合が進んで、先発の山口はカナダ戦では少し打たれたところもあったが、非常に修正してくれた。先制は取られましたけど、試合をまずは作ってくれた。山岡含め中継ぎも1人1人の役割を果たしてくれたと思います。打撃はなかなかやはりベネズエラの投手は良かったですから打つことができなかった。終盤粘りながら四球を選んで繋いでつないで点を取れた。逆転して勝てたのは明日に繋がるいい勝ち方だったと思います」と納得の表情。坂本に代打・山田を送った采配については「勇人の3打席を見ていて少しバットが潜る打席が多くて、速いストレートに空振り、ファウルになってしまう。あそこは山田に賭けたというところです」と振り返った。

 日本は6日、初戦で台湾に敗れたプエルトリコと対戦。ベネズエラは台湾と対戦する。日本と台湾が勝てば、スーパーラウンド進出が決まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)