【プレミア12】侍ジャパン、甲斐野が勝利呼び込む好救援 「準備を怠らず會澤さんのミットに…」

【プレミア12】侍ジャパン、甲斐野が勝利呼び込む好救援 「準備を怠らず會澤さんのミットに…」

好リリーフを見せた侍ジャパンのソフトバンク・甲斐野央(左)【写真:Getty Images】

2点ビハインドの8回に登板し1回無安打無失点の好投、直後に打線が逆転し勝利投手に

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を8-4で大逆転勝利。5番手で登板した甲斐野央が1回無失点の好投で流れを引き寄せ勝利投手となった。

 ルーキー右腕が日本の勝利を呼び込んだ。2点ビハインドの8回に5番手で登板すると先頭のリベロを右飛、ブランコを中飛に。最後はマチャドを空振り三振に抑える好救援を見せるとその裏に打線が一挙6得点を奪い逆転に成功した。

 侍ジャパンの公式戦初登板で大仕事をやってのけた右腕は「日本代表に入らせていただいて、どこのイニングで投げるかにかかわらず、出せるものを出そうと思っていた。そのために準備を怠らず、會澤さんのミットに投げることだけを考えてマウンドに上がっていました」と胸を張った。

 日本ではあまり対戦のない中南米打者が相手だったが「試合前に何度もコーチやスタッフの方とミーティングはしていた。初めて対戦する打者ばかり。配球、リードはキャッチャーに任せて、自分の出せる力を出そうと考えてマウンドに上がりました」と語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)