【プレミア12】侍J菊池、3安打4出塁と2番の役割全う 大逆転勝利に「ベンチが一つになった」

【プレミア12】侍J菊池、3安打4出塁と2番の役割全う 大逆転勝利に「ベンチが一つになった」

侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:Getty Images】

「2番・二塁」でスタメン出場し、4打数3安打2打点

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日に台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組の初戦、ベネズエラ戦を戦い、8-4で勝利した。菊池涼介内野手は「2番・二塁」でスタメン出場し、4打数3安打2打点。2度の同点打でチームの逆転白星発進に貢献した。

 序盤はベネズエラの先発ドゥブロンに3回まで無安打に抑えられる苦しい展開だったが、1点ビハインドの5回1死一、三塁。菊池が右翼線に転がる適時打を放ち、同点に追いついた。菊池は「セカンドゴロ、ファーストゴロでもゴロを転がせば1点入ると思ったので、1点ずつと。1点入ってくれればいいなと思って結果的にいってくれたのでよかったです」と頷いた。

 さらに2点を追う8回、エスコバーの2連続四球に続き、代わったビスカヤも2連続四球で押し出しの1点をもらうと、なおも1死満塁で打席が回った。菊池は初球の直球を打ち返して左前適時打。この日2度目の同点打にガッツポーズをみせた。「ピッチャーもいっぱい、いっぱいだったと思いますし、その中で初球から打っていこうといったのがよかったと思います」と語った。

 菊池はこの日、同点打だけでなく、第1打席では四球を選び、第3、4、5打席と安打で後ろに繋いだ。「チームでも右打ちとか進塁打とかやっていますし、そういう中で2番に入ったというのはそういうことも期待をされていると思うので。何とか後ろに繋げられるように。セーフティー(バント)もしようかなと思う打席もあります」と2番打者としての役割に向き合っている。

「初戦なので手探りな場面もいっぱいあったと思いますし、シーズンが終わってから期間も空きましたし。今日の後半は繋がりもあって、ベンチが一つになった試合だったと思います」と振り返った菊池。東京で行われるスーパーラウンドへの切符をかけ、チーム一丸で6日のプエルトリコ戦、7日の台湾戦と残り2試合を戦う。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)