【プレミア12】侍ジャパン、先制の絶好機を逸す 1死三塁で不振の坂本、追加招集の丸が相次いで凡退

【プレミア12】侍ジャパン、先制の絶好機を逸す 1死三塁で不振の坂本、追加招集の丸が相次いで凡退

侍ジャパンの巨人・坂本勇人【写真:福谷佑介】

坂本は初球を打ち上げて一邪飛、丸は3球三振に倒れる

■日本 – プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は6日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第2戦のプエルトリコ戦に臨んだ。2回に1死三塁と先制の絶好機を作ったが、坂本、丸の6、7番が相次いで凡退してチャンスを逸した。

 侍ジャパンが絶好の先制のチャンスを逃した。2回、先頭の鈴木が四球で出塁すると、浅村への3球目で二盗に成功。浅村の中飛でタッチアップし、三塁へと進んだ。ここで、不調のために前日の1番から6番に打順を下げた坂本に打順が回ってきた。

 その坂本、初球の真っ直ぐを狙いにいったが、打球を高々と打ち上げて一邪飛に。これで2死となると、丸は左腕ソトのスライダーにバットが空を斬って3球三振に終わり、先制点を奪えなかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)