【プレミア12】侍J高橋礼が6回1安打無失点と好投 完全逃すも、18アウト中14個が内野ゴロ

【プレミア12】侍J高橋礼が6回1安打無失点と好投 完全逃すも、18アウト中14個が内野ゴロ

プエルトリコ戦に先発している侍ジャパンのソフトバンク・高橋礼【写真:Getty Images】

5回までパーフェクト投球を見せていた高橋礼は6回に四球で初走者を許す

■日本 – プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は6日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のオープニングラウンド第2戦プエルトリコ戦に臨んだ。先発の高橋礼投手は5回までパーフェクト投球を見せていたが、6回に四球で初めて走者を出すと、初安打も浴びて快挙とはならず。6回を1安打無失点に封じて降板となった。

 初回、先頭のO.マルティネスに対しては1ボール1ストライクの3球目を三ゴロに。痛烈な投手強襲の当たりとなったが、これを右足裏で“トラップ”し、こぼれた打球が三塁の松田の正面へ。一瞬ヒヤリとさせたが、これを松田がアウトとして1死とした。後続を2者連続で遊ゴロに打ち取り、わずか9球で3者凡退に切った。

 2回もガルシアを二飛、ドミンゲスを三ゴロ、バレンティンを二ゴロと3者凡退。3回も下位打線を二ゴロ、一ゴロ、投ゴロと3つの内野ゴロに仕留めると、4回、5回も1人の走者も許さずに3者凡退に。15アウトのうち、12個が内野ゴロ。プエルトリコ打線を完璧に封じていた。

 6回も2者連続で遊ゴロに打ち取り2死としたが、9番のJ.ゴンザレスに四球を与えて完全試合は途切れた。さらに1番のO.マルティネスには左前安打を許し、ノーヒットノーランも途切れた。2死一、二塁とこの日初めてピンチを背負ったが、2番のデヘヘスを空振り三振に仕留めて窮地を脱出。6回を投げて1安打1四球無失点。18アウト中14個を内野ゴロで打ち取り、この回でマウンドを降りた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)