【プレミア12】侍J、高橋礼6回0封の好投に敵将脱帽 「素晴らしい。国内で見たことない」

【プレミア12】侍J、高橋礼6回0封の好投に敵将脱帽 「素晴らしい。国内で見たことない」

プエルトリコ戦に先発した侍ジャパンのソフトバンク・高橋礼【写真:Getty Images】

プエルトリコは2連敗、1次ラウンド突破が厳しくなった

■日本 4-0 プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 プエルトリコは6日、「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)1次ラウンド・日本戦で0-4で完封負け。2連敗となり、1次ラウンド突破が厳しくなった。敵将のフアン・ゴンザレス監督は「今日の試合はすごく難しい試合だった。エラーで一気に4点入った。取られたけど、自分たちのバッティングもできなかった。日本の投手も良かったので、負けてしまったのが残念だ」と悔しさをにじませた。

 プエルトリコ打線は先発の高橋礼に6回1安打無失点。6回2死までパーフェクトに抑えられ、チャンスらしいチャンスも作れなかった。「本当に素晴らしかった。アンダースローの投手で、チェンジアップもストライクゾーンの右、左に投げていた。バッターにとってはなかなか打てない投手だった」と、お手上げ。アンダースローとの対戦は少なかったようで、「アンダースローはほぼ見たことない。国内では見たことない、ああいうスタイルの投手は」と目を丸くした。

 前日の台湾戦、日本戦も守備がエラーを記録。「そんなに守備が悪いチームじゃない。自信はある。ただ、試合の中では何が起こるか分からない。昨日も4点、今日も4点。残念だったけど、コントロールできないことなので」と肩を落としていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)