【プレミア12】侍J、稲葉監督が初チャレンジで成功 周東初盗塁、一度はアウト判定も覆る

【プレミア12】侍J、稲葉監督が初チャレンジで成功 周東初盗塁、一度はアウト判定も覆る

侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:Getty Images】

8回に代走で登場、一度はアウト判定も稲葉監督がチャレンジに成功

■日本 – プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は6日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のオープニングラウンド第2戦プエルトリコ戦を戦った。8回には周東佑京内野手(ソフトバンク)が代走で登場。盗塁を仕掛け、一度はアウトの判定だったが、今大会から導入されたチャレンジによるリプレー検証で判定が覆り、セーフとなった。

 4点リードの8回だ。1死から近藤が中前安打を放つと、稲葉篤紀監督は代走で周東を起用した。続く鈴木の2球目に盗塁を仕掛けた。際どいタイミングとなり、二塁塁審の判定はアウト。だが、ここで稲葉監督は今大会から導入されたチャレンジによるリプレー検証を要求。検証の末に判定が覆り、セーフに、周東は侍ジャパン公式戦で初盗塁を記録した。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)