【プレミア12】侍J稲葉監督、投打がっちり完封勝ちに納得「みんなで勝てた。明日も全員で」

【プレミア12】侍J稲葉監督、投打がっちり完封勝ちに納得「みんなで勝てた。明日も全員で」

3ランホームランを放った侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】

2連勝で1次ラウンド突破へ前進「みんなで勝てた。明日も全員で勝ちにいきます」

■日本 4-0 プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 侍ジャパンは6日、1次ラウンド・プエルトリコ戦で4-0で完封勝ち。2連勝を飾り、1次ラウンド突破へ大きく前進した。稲葉篤紀監督は「みんなで勝てたなということですね」と表情を緩めた。

 先発の高橋礼は6回1安打無失点。嘉弥真、大竹、山元、山崎と無失点リレーを見せた。稲葉監督は「ずっと調子は良かったので、自分の持ち味である投球をしてくれた。投手はいいので。後ろにつなぐ、つなぐ気持ちでやってくれている。本当に素晴らしい投球をしてくれたと思います」と称賛した。

 打線では4番鈴木誠也が1点リードの3回に左中間へ特大3ラン。今大会チーム1号を放った。稲葉監督は「ずっと宮崎合宿から頑張ってくれている。ようやく彼もほっとしているんじゃないですか」と思いやった。7日は台中インターコンチネンタル野球場に場所を移しての台湾戦。3連勝へ「台湾も非常に強いチーム。とにかくもう1戦、明日全員で全力で勝ちにいきます」と意気込みを語った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)