【プレミア12】侍ジャパン&台湾が2連勝突破! 韓国&カナダが初戦勝利…6日の結果は?

【プレミア12】侍ジャパン&台湾が2連勝突破! 韓国&カナダが初戦勝利…6日の結果は?

侍ジャパンは広島・鈴木誠也の3ランなどでプエルトリコに4-0で勝利【写真:Getty Images】

侍ジャパンは4番鈴木が特大3ラン、高橋礼が6回1安打無失点と好投した

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は6日、1次ラウンド6試合が各地で行われた。

 台湾で行われたB組では、侍ジャパンがプエルトリコに4-0で完封勝ちして2連勝。日本で行われるスーパーラウンド(SR)進出を決めた。3回に4番鈴木の特大1号3ランなどで4点を先制。坂本はマルチ安打と復調の兆しを見せた。先発の高橋礼が6回1安打無失点と好投。嘉弥真、大竹、山本、山崎の継投で完封リレーを飾った。

 侍ジャパンと同じB組のチャイニーズ・タイペイはベネズエラに3-0で完封勝ち。2連勝を飾り、SR進出を決めた。17年からオリックスでプレーする張奕が7回4安打無失点と好投。8回から救援したロッテのチェン・グァンユウ(陳冠宇)が1/3回を投げ、1安打無失点だった。

 韓国で行われたC組では韓国、カナダが初戦を完封勝利した。韓国は2回に元MLBキム・ヒョンス、ミン・ビョンホンの連続適時打で2点を先制。投げてはヤン・ヒョンジョンが6回10奪三振1安打無失点に抑え、5-0で勝利した。カナダはキューバに3-0で勝利。元巨人のマシソンが9回を無失点に抑え、セーブを記録した。キューバはグラシアル、デスパイネ、元巨人セペダのクリーンアップが3人で計8三振と不発に終わった。

 5日(日本時間6日)にメキシコで行われたA組はメキシコがオランダに10-2で大勝。1次ラウンド3連勝を飾った。2位アメリカ(2勝1敗)と共にSRに進む。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)