【プレミア12】侍J坂本を目覚めさせた稲葉監督の“処方箋”「きっかけを作ってもらえないかと」

【プレミア12】侍J坂本を目覚めさせた稲葉監督の“処方箋”「きっかけを作ってもらえないかと」

復調の兆しを見せた侍ジャパンの巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

ベネズエラ戦で1番で無安打→プエルトリコ戦は6番で2安打放つ

■日本 4-0 プエルトリコ(プレミア12・6日・台湾)

 侍ジャパンの坂本勇人内野手(巨人)は6日、「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド・プエルトリコ戦に「6番・遊撃」で先発出場。4回に今大会初安打となる左前打を放つなど3打数2安打。復調の裏には稲葉篤紀監督の“金言”があった。

「普段のことができるようにと打席に入った。(稲葉)監督からアドバイスを頂いたので、それを意識しながら」と坂本。5日のベネズエラ戦では1番スタメンも4打数無安打2三振。8回の反撃機で代打・山田を送られていた。10月31日のカナダ戦からプエルトリコ戦の第1打席まで13打席連続安打なしと、復調の兆しが見えないまま6番での出場だったが、4回先頭で左前打。6回2死にも左前打を放ち、復活を印象付けた。

 この日の試合前練習でバッティングゲージ裏で稲葉監督と坂本は数分話し込み、時折足を上げる仕草で打撃フォームを確認していた。坂本は「足に力が入りすぎていると助言してもらった」と稲葉監督からの助言を頭に打席へ。その結果、代表合流後14打席目で待望の初ヒットが飛び出した。

 稲葉監督も「復調がチームにとって大きい。きっかけを作ってもらえないかと、今日もスタメンで使いました」と安堵の表情。「しっかり打ちたいという気持ちが強すぎて、左足を上げた時に左足が固い気がした。『もう少し柔らかく使ったらどうだ』という話をしました。今日の中で迷いはなかった。打順を下げて楽なところで打たせたらどうだ、と」と振り返った。

 この日の勝利で、チームは東京で行われるスーパーラウンド進出を決めた。3戦目となる7日の台湾戦はスーパーラウンドでの順位決定にも響く大事な一戦。キーマンの完全復活で東京に弾みをつける3連勝としたい。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)