Dバックスが西武秋山の獲得に乗り出すか 正中堅手不在のチーム状況に合致

Dバックスが西武秋山の獲得に乗り出すか 正中堅手不在のチーム状況に合致

FAでのメジャー挑戦を目指す西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

3割30本90打点クリアのマルテは今季中堅で89試合、二塁で45試合に出場

 MLB公式サイトは各球団の来季開幕戦ロースターを予想。ダイヤモンドバックスが、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す西武の秋山翔吾外野手を獲得する可能性があると伝えている。

 記事は「ダイヤモンドバックスのロースターは多才なスター、ケーテル・マルテとエドゥアルド・エスコバーをどのポジションで起用するかによって変化する。例えば、日本のセンターのショウゴ・アキヤマと契約すれば、マルテを二塁手で使うことができる」としている。

 今季打率.329、32本塁打、92打点をマークした26歳のマルテは中堅で89試合、二塁で45試合、遊撃で5試合に先発出場した。本職は内野手で、秋山が加入すれば二塁固定が可能になるとしている。

 記事では「ダイヤモンドバックスが移籍市場でセンターを見つけない限り、マルテはセンターを守ることになるだろう」と指摘。「センターを守れるFA選手は少ない」とした上で「日本の31歳の中堅手でフリーエージェントのショウゴ・アキヤマと契約する可能性がある」と伝えている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)