【プレミア12】侍ジャパン、珍事に救われる 台湾4番、本塁打“確信”も失速&フェンス直撃に気付かず

【プレミア12】侍ジャパン、珍事に救われる 台湾4番、本塁打“確信”も失速&フェンス直撃に気付かず

侍ジャパンの今永昇太【写真:Getty Images】

チャイニーズ・タイペイの4番リンは本塁打を確信する飛球を放つも、スタンドに届かず

■日本 – チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に挑んだ。初回にいきなり4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制。その裏には、相手の4番打者が大飛球を本塁打と“勘違い”する珍事が起こった。

 鈴木、吉田の連続適時打で2点を先制した侍ジャパン。その裏、先発の今永は先頭のワン・ウェイチェンに中前安打を許した。2番、3番を打ち取り2死一塁となり、4番のリン・ホンユーを迎えた。

 その初球だった。内角低めの真っ直ぐを捉えられた打球は快音を残して左翼方向へ舞い上がった。打ったリンは本塁打を“確信”。ゆっくりと一塁方向へと走り出した。打球から目を切り、悠然と走っていたリンだが、打球はスタンド手前で失速しフェンスに直撃し、グラウンドへと戻ってきた。

 これを見ていなかったリン。一塁をゆっくりと回ったところで送球が返ってきて、ようやく本塁打ではなかったことに気付いた。慌てて一塁へと戻り、左翼フェンス直撃の単打となった。この打球で一塁走者も生還できず。今永は続くジュウ・ユーシェンを打ち取り、失点を免れた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)