【プレミア12】侍ジャパン、追加招集の丸が初安打となる適時二塁打! リードを5点に広げる

【プレミア12】侍ジャパン、追加招集の丸が初安打となる適時二塁打! リードを5点に広げる

侍ジャパンの巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】

離脱した秋山に代わって追加招集された丸は実戦3試合目、11打席目で初安打

■日本 – チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦を戦い、6回に5点目を奪った。秋山翔吾外野手に代わって追加招集された丸佳浩外野手が初安打となる中越え適時二塁打を放って追加点をあげた。

 4点をリードして迎えた6回の攻撃。1死から坂本がニゴロ失策で出塁。ここで打席に入った丸は中堅の頭上を超える痛烈な当たりを放った。一塁から坂本が一気に本塁へと生還。5点目を生む適時二塁打となった。

 秋山が右足を骨折して離脱したため、台湾からチームに合流した丸。実戦機会のないまま“ぶっつけ本番”で「プレミア12」の開幕を迎えた。この試合が3試合目。11打席目での侍ジャパン初安打となった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)