【プレミア12】侍J、3連勝で首位通過! 鈴木4打点で11安打8得点と打線爆発、スーパーR“1勝発進”

【プレミア12】侍J、3連勝で首位通過! 鈴木4打点で11安打8得点と打線爆発、スーパーR“1勝発進”

侍ジャパン 3連勝で首位通過

【プレミア12】侍J、3連勝で首位通過! 鈴木4打点で11安打8得点と打線爆発、スーパーR“1勝発進”

2ラン含む4打点と活躍した侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】

今大会3試合目で初の2桁安打、名手・菊池は驚異的な美技連発で貢献

■日本 8-1 チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で勝利した。初回にいきなり4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制。3回には鈴木が2戦連発となる2号2ランを放ってリードを広げると、9回にも鈴木らに適時打が飛び出し、今大会3試合目で初の2桁安打と打線が爆発。菊池涼介外野手の驚異的な美技も2度飛び出し、投手陣は1失点でつないだ。3連勝でB組首位となり、最高の形で11日から東京と千葉で行われるスーパーラウンドに駒を進めた。

 幸先よく先制点を奪った。初回、2死一塁の場面で打席に入った4番の鈴木が左中間を破る先制の適時三塁打。さらに吉田も適時打で続き、初回に2点を先行した。2点リードで迎えた3回には、鈴木が左翼スタンドへ2ラン。前日のプエルトリコ戦に続く2戦連発でリードを4点に。9回には鈴木が4打点目となる適時打。源田にも適時打が飛び出し、3点を加えた。11安打8得点。今大会3試合目で初の2桁安打と打線が爆発した。

 先発の今永は走者を出しながら、粘りのピッチング。初回2死一、三塁、3回1死満塁のピンチを凌いで3回4安打無失点で降板。2番手の大野も4回、5回とそれぞれ安打を浴びながら、あと1本を許さずに無失点を続けた。6回には丸が大会初安打となる中越え適時打を放って5点目。6回以降もリリーフ陣が好投を続けて逃げ切った。菊池が6回に華麗なグラブトス、7回にはスライディングキャッチからの素早い送球を見せるなど、美技で敵地・台湾のファンを沸かせた。

 2連勝同士で迎えた第3戦にも勝利し、侍ジャパンは3連勝。オープニングラウンドB組の首位通過を決めた。11日からのスーパーラウンドでは別組だった4か国とだけ対戦。チャイニーズ・タイペイとの対戦成績は引き継がれるため、1勝0敗でスーパーラウンドのスタートを迎える。理想的な形でスーパーラウンドへ進む侍ジャパン。世界一へむけて、まずは最初の関門を突破した。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)