【プレミア12】侍J鈴木が4番の仕事 2戦連発含む4打点、稲葉監督も絶賛「予想通りの活躍」

【プレミア12】侍J鈴木が4番の仕事 2戦連発含む4打点、稲葉監督も絶賛「予想通りの活躍」

2ラン含む4打点と活躍した侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】

スーパーラウンドは“1勝スタート”「まだまだこんなもんじゃない」

■日本 8-1 チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で勝利した。鈴木誠也外野手(広島)が先制の適時三塁打、2戦連発の2号2ランなど4打点の大活躍。4番の役割を見事に果たし、試合後には稲葉監督も「予想通りの活躍」と絶賛した。

 初回、2死一塁で打席に入った4番の鈴木は、左中間を破る先制の適時三塁打。2点リードの3回には2戦連発となる2ランを左翼スタンドへ叩き込んだ。さらに、5点リードの9回にはダメ押しのタイムリー。初の2桁安打となる11安打8得点と爆発した打線を4打点の活躍で牽引した。

 試合後、稲葉監督は頼れる4番について「予想通りの活躍をしてくれています」と絶賛。さらに「誠也に関してはまだまだこんなもんじゃない。スーパーラウンドにはさらに期待しています」とさらなる活躍を望んだ。

 侍ジャパンは3連勝。11日からのスーパーラウンドでは別組だった4か国とだけ対戦し、チャイニーズ・タイペイとの対戦成績は引き継がれるため、1勝0敗でスーパーラウンドのスタートを迎える。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)