ロッテ、種市、成田ら6投手を米シアトルに派遣 大リーガー御用達“虎の穴”

ロッテ、種市、成田ら6投手を米シアトルに派遣 大リーガー御用達“虎の穴”

ロッテ・成田翔【写真:荒川祐史】

小島和哉、種市篤暉、二木康太、中村稔弥、成田翔の5投手が参加する

 ロッテは8日、米ワシントン州シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に選手を派遣すると発表した。期間は11月23日から12月4日までで、小島和哉、種市篤暉、二木康太、中村稔弥、成田翔の5投手が参加する。
 
 川越英隆1軍投手コーチ、根本淳平1軍ストレングスコーチも同行する。「ドライブライン・ベースボール」はシアトル郊外にあり、メジャーリーガーの間でも話題になっているトレーニング施設。トレーナーや医師、動作分析の専門家らの下で科学的な指導が受けられ、レッズのトレバー・バウアー投手らもオフに通っている。

 西武も齊藤大将、中塚駿太、田村伊知郎、國場翼、藤田航生、東野葵の6投手を4日から派遣している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)