【プレミア12】稲葉監督が警戒する2人の韓国人左腕とは? 1人はかつての“日本キラー”

【プレミア12】稲葉監督が警戒する2人の韓国人左腕とは? 1人はかつての“日本キラー”

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

スーパーラウンドでは16日に韓国と対戦する侍ジャパン「あの2人を…」

 現在開催中の「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)でスーパーラウンド進出を決めた野球日本代表「侍ジャパン」。台湾で行われたオープニングラウンドB組ではベネズエラ、プエルトリコ、チャイニーズ・タイペイに3連勝し、グループ首位で突破を決めた。11日からは千葉と東京でスーパーラウンドが始まる。

 B組首位だった侍ジャパンはまず11日にC組2位のオーストラリアと対戦。12日にA組2位のアメリカ、13日にA組1位のメキシコと戦い、2日空いて16日に宿敵の韓国と対峙することが決まった。スーパーラウンドの上位2チームに入れば、17日に行われる決勝に駒を進めることになる。

 世界一にむけてスーパーラウンドは難敵ばかりとなるが、その中でも世界一に向けて最大の敵となりそうなのが前回大会王者の韓国だ。16日のスーパーラウンド第4戦、そして決勝でも対戦する可能性がある。2015年の第1回大会でも侍ジャパンは準決勝で韓国に敗れて、3位に終わっている。

 8日に台湾・台中市で自主練習を行った侍ジャパンの稲葉篤紀監督は、その韓国の2人の左腕の名前を挙げて警戒心を露わにし「あの2人を打ち崩さないと世界一はないと思っている」とまで言った。

 その2人というのが、韓国KIAタイガースのヤン・ヒョンジョン投手と韓国SKワイバーンズのキム・グァンヒョン投手だ。

 ヤン・ヒョンジョンはプロ13年目を迎えた31歳。最速152キロを誇り、通算136勝をマークしている韓国球界を代表する左腕だ。今季は29試合に先発して16勝8敗、防御率2.29をマークし、最優秀防御率のタイトルを獲得している。

 オープニングラウンド初戦のオーストラリア戦では“開幕投手”を託され、6回を投げて1安打無失点と好投。4回に内野安打を許しただけで、四球も無しと圧巻のピッチングだった。この試合、韓国はこの内野安打の走者1人だけしか許さず、打者28人に封じる完封勝利を収めている。

韓国SKのキム・グァンヒョンは北京五輪や第2回WBCの韓国代表

 一方のキム・グァンヒョンは、ヤン・ヒョンジョンと同じプロ13年目を迎えた31歳。高校生の頃から世代別の韓国代表のエースを担い、ルーキーイヤーからローテ入り。2年目の2008年には16勝で最多勝に輝いた。最速155キロを誇る剛腕左腕だ。

 2008年の北京五輪にチーム最年少の19歳で選出され、予選と準決勝の日本戦に先発。この時、侍ジャパンを率いる稲葉篤紀監督も日本代表の一員として出場していた。予選では2打数0安打1三振、準決勝では4打数0安打に封じ込められ、日本は敗退。“日本キラー”と称され、韓国は金メダルに輝いた。

 さらには2009年のWBCの韓国代表にも選出。この時は日本が1回1/3で8点を奪ってKOしたものの、2015年の第1回の「プレミア12」にも選ばれ、この時は決勝で先発して5回無失点。韓国を初代王者に導いた。韓国に国際タイトルをもたらした代表する投手の1人だ。

 今季は31試合に先発して、ヤン・ヒョンジョンを上回る17勝(6敗)をマーク。6年連続で2桁勝利をマークし、勝利数、奪三振でリーグ2位、防御率2.51はリーグ3位と輝かしい成績を残した。通算でも136勝をマークしている。今大会は第2戦のカナダ戦で6回1安打無失点。ヤンと共に、稲葉監督に強烈に印象付けた。

 韓国はオープニングラウンドC組の3試合で、わずか1失点しかしていない。第3戦のキューバ戦もサブマリンのパク・ジョンフンから計6投手のリレーで、ソフトバンクのデスパイネやグラシアル、元巨人のセペダらが並ぶキューバ打線を無失点に封じ込めた。

 韓国との対戦は16日の第4戦、そして、スーパーラウンドを勝ち抜いた先にある17日の決勝。いずれにしても、ヤン・ヒョンジョンとキム・グァンヒョンのどちらかとの対戦は避けられないだろう。同い年の2人の左腕。侍ジャパンにとって、難敵となりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)