【プレミア12】地元開催でも侍ジャパンを応援? 台湾で日本野球が人気の理由とは

【プレミア12】台湾ファンも日本球団のユニホーム着用 坂本勇人や山田哲人を応援

記事まとめ

  • 侍ジャパンが台湾での「第2回 WBSCプレミア12」オープニングラウンドで3連勝した
  • 球場には日本球団のユニホームを着た台湾ファンの姿も多く、日本を訪れたファンも
  • 日本ハムの王柏融外野手やロッテのチェン・グァンユウ投手など台湾出身の選手も人気

【プレミア12】地元開催でも侍ジャパンを応援? 台湾で日本野球が人気の理由とは

【プレミア12】地元開催でも侍ジャパンを応援? 台湾で日本野球が人気の理由とは

ヤクルト・山田哲人のユニホームを着用し応援に訪れた台湾ファン【写真:編集部】

陽岱鋼らNPB所属の台湾出身選手が架け橋、テレビ放送がきっかけ

 野球日本代表「侍ジャパン」は台湾で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド3試合を戦い3連勝。首位でのスーパーラウンドへの進出を決めた。3戦目のチャイニーズ・タイペイ戦は地元台湾のファンにより、チケットは発売から早々に完売した。当日も球場内通路まで埋め尽くす盛況ぶりだったが、日本球団のユニホームを着た台湾ファンの姿も多くみられた。

 日本ハムの王柏融外野手やロッテのチェン・グァンユウ投手など、代表入りしている台湾出身のNPB選手はもちろん人気だ。しかし見渡せば、そこかしこに日本人選手のユニホームを着たファンが見られた。坂本勇人内野手の巨人ユニホームを着た20代の女性は、「WBCが台湾でも中継されていて、そこで坂本選手のファンになった。彼はとてもレベルが高い選手」と“坂本一筋”と話す。

 友人たちも日本野球が好きだそうで「友達は日本ハムの近藤(健介)選手が好き、陽岱鋼選手がいたチーム」。日本にも足を運び、今年も5月に観戦のために来日したという。日本とチャイニーズ・タイペイ、どちらのチームを応援するのかと聞けば、「サカモト」と即答していた。

 ロッテのユニホームを着た20代の男性は、チェンのファン。普段はNPBに所属する台湾選手を応援しているため、日本球団のユニホームを着たという。日本野球を好きになったきっかけはテレビだそうで、「陽岱鋼選手が日本に行ってから台湾でもNPBの試合が放送されています。日本ハムにいた時はパ・リーグが見れたし、今は巨人ですね。なのでセ・リーグも見ます」という。

テレビの影響も大きいが実際に観戦で日本を訪れるファンの姿も

 そこからNPBのレベルの高さに触れてファンになったといい、坂本や中田翔内野手(日本ハム)も好きだと話す。しかし、代表入りしたチェンのユニホームを着ているので、チャイニーズ・タイペイを応援するのだろうと聞けば「うーん、台湾は好きですが、日本も好き……」と困り顔だった。

 さらに山田哲人内野手(ヤクルト)のユニホームを着た男性は、台湾野球も日本野球も熱心に応援しているそうで、「山田選手のユニホームは甲子園に試合を見に行った時に買いました。本当は柳田(悠岐選手、ソフトバンク)が1番好きだけど、今回は代表にいないので」。

 NPBではソフトバンクがひいき球団で、「テレビで見たのがきっかけ」だという。テレビ放送の影響はかなり大きいようだ。「野球観戦を目的に日本には度々行っています。日本の野球のレベルは高いけど、チャイニーズ・タイペイにも頑張ってほしい」と、どちらの活躍も楽しみにしていた。

 チャイニーズ・タイペイ戦だけでなく、ベネズエラ戦、プエルトリコ戦が行われた桃園国際野球場でも日本ハムのポスターが貼られていたり、日本を応援する台湾ファンが来場したりといった光景があった。スーパーラウンドでも侍ジャパンの活躍に、国内外から注目が集まりそうだ。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)