3試合で12本塁打! 「eBASEBALL」で楽天がオリとの“空中戦”を制す

3試合で12本塁打! 「eBASEBALL」で楽天がオリとの“空中戦”を制す

「eBASEBALL プロリーグ」に出場する楽天の選手たち【写真:安藤かなみ】

解説の里崎氏、「3試合とも本塁打で流れが変わっていた」

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース 第2節が9日、フジテレビ内特設ステージで行われ、パ・リーグの第1カードは楽天がオリックスを2勝1敗で下して勝ち越しを決めた。楽天の主将・三輪は「勝ち越せてよかった。優勝に向かって突き進みたい」と引き締まった表情で話した。

 1試合5イニング制で行われ、3試合の星の数で競う今リーグ。この日は1試合目にともに今季初登板となった楽天・三輪、オリックス・高川が登場し、中盤3回まで両者無失点と締まった展開に。しかし、楽天が4回1死から浅村の左越えソロで先制に成功すると、ブラッシュも中越えソロで続き、終わってみれば5回まで4本塁打5得点と一発攻勢で先勝した。

 2試合目は楽天・岡田と、昨年打率.279をマークしたオリックス・木村の対戦。3回、モヤが投手の頭上を越える遊安を放つ間に三塁走者が生還し、先制に成功した。さらに1点差に詰め寄られた直後の5回、先頭の杉本が左越えソロを放ち楽天を突き放すと、この回3点を追加しオリックスが逃げ切って勝敗を1勝1敗のタイに持ち込んだ。オリックス・木村は「ナイスピッチも多く出てくれたし、(打撃では)ストレートに振り遅れないように集中しました。特に杉本の本塁打は練習の賜物だと思う」と胸を張った。

 カードの勝敗がかかった3試合目は、楽天・井上が絶好調。楽天が浅村のド派手な左越えソロで先制に成功すると、オリックスの先発・榊原を攻め初回にいきなり4点を先制し試合の主導権を握った。終わってみれば今季最多10得点を挙げ、打線が爆発。投げては則本、ハーマン、高梨と3投手が4回1死まで一人の走者も出さないパーフェクトリレー。4番手・森原が杉本にソロを被弾したが、許した安打はこの1本のみと、圧巻の投球でカード勝ち越しを決めた。井上は「自分の世界に入り込めました。先頭打者ホームランで勢いに乗れた」と勝因の一つに浅村が放った先頭打者弾を挙げた。

 3試合を通じて12本塁打が飛び出した空中戦を解説した里崎智也氏は「3試合とも本塁打で流れが変わっていた。投手も『ナイスピッチを出さないといけない』というプレッシャーもかかってくる」と分析した。eペナントレースは次節から交流戦に突入するが、敗れたオリックスの主将・指宿は「現実のオリックスも交流戦では2位だったので、自分たちも浮上のきっかけにしたい。セ・リーグ相手に6勝する気持ちで」と言葉に力を込めていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)