【eBASEBALL】中日がレジェンドOBで勝ち越し 川上憲伸の特殊能力「尻上がり」が機能

【eBASEBALL】中日がレジェンドOBで勝ち越し 川上憲伸の特殊能力「尻上がり」が機能

レジェンドOBを活用し勝利を引き寄せた脇(左から2番目)ら中日メンバー【写真:安藤かなみ】

阪神に2勝1敗「川上さんを使って完封したいと思っていた」

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース第2節が10日、フジテレビ内特設ステージで行われ、セ・リーグの第2カードで中日が2勝1敗で阪神を下した。1勝1敗で迎えた第3試合では、中日はレジェンドOB選手の川上憲伸を先発に立て、完封勝利でカード勝ち越しを決めた。第3試合を戦った中日の代表・脇は「試合前から川上さんを使って完封したいと思っていた。その通りになって嬉しい」と白い歯を見せた。

 第1試合、第2試合と投手陣をつぎ込んだ中日。今大会では1カード3試合を戦って星の数を競うが、投手は登板した後の体力回復に時間を要するため、起用する選手の能力によっては第3試合までに回復が間に合わないケースもある。しかし、今シーズンから第3試合にその球団のレジェンドOBと呼ばれる強力なキャラクターを起用することが可能になっており、中日は第3試合の先発に体力が万全の状態のレジェンドOB・川上憲伸を起用するプランをあらかじめ用意。その結果、カード前半で登板した投手の回復を待つ必要がなくなり、試合を優位に運ぶことに成功した。

 カード勝ち越しをかけた重要な一戦に登場した中日の代表選手・脇は、阪神打線に対し立ち上がりは直球とシュートを軸に投球を組み立て、終盤は川上の持つ特殊能力「尻上がり」を利用。「尻上がり」によって変化量がより大きくなったカットボールで最終回の5回には阪神の代打攻勢を退け、完封勝利を納めた。脇は「(作戦が)うまくはまってくれた」と胸をなでおろした。eペナントは次節から交流戦に突入するが、「今日の勝利で弾みをつけて、チーム一丸となって優勝を目指したい」と新人選手らしく目を輝かせた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)