【MLB】エ軍エプラーGM、大谷の現状語る「全ては予定通り」 今月末にマウンド投球再開予定

エンゼルスGMが大谷翔平について、今月末にマウンド投球を再開する予定と明かす

記事まとめ

  • エンゼルス・大谷翔平は昨年10月に右肘の術を受け、今年9月には左膝の手術を受けた
  • ビリー・エプラーGMは「全ては予定通り」と、調整が順調であることを語った
  • 大谷翔平は今月末からマウンド投球を再開し、3、4週間後に投球リハビリを完了する予定

【MLB】エ軍エプラーGM、大谷の現状語る「全ては予定通り」 今月末にマウンド投球再開予定

【MLB】エ軍エプラーGM、大谷の現状語る「全ては予定通り」 今月末にマウンド投球再開予定

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

GMミーティングの初日に語る「必要な過程を全て経るまで待つ」

 エンゼルスのビリー・エプラーGMはGMミーティングが開かれた11日(日本時間12日)、来季二刀流を復活させる予定の大谷翔平投手について「全ては予定通り」などと、調整が順調であることを語った。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」が伝えている。

 大谷は昨年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、今年9月には左膝の分裂膝蓋骨の手術を受けた。同紙によるとエプラーGMは「必要な過程を全て経るまで待つ」と語り、現状を説明。「反重力トレッドミルで走り、約120フィート(約36.6メートル)の距離でキャッチボールをしている。11月末にマウンドで投げ、3、4週間後に投球リハビリを完了する予定である」としている。

 メジャー3年目の来季へ、順調に歩を進めているようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)