【プレミア12】MLB超有望株のアデルが大野撃ちの豪快弾 侍Jは米国に2点リード許す

【プレミア12】MLB超有望株のアデルが大野撃ちの豪快弾 侍Jは米国に2点リード許す

アメリカのアデルにソロ本塁打を被弾した侍ジャパンの中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

6回に浅村が2点目となる右前適時二塁打を放った直後

■日本 – アメリカ(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に臨んだ。アメリカは7回、アデルが右翼スタンドへのソロ本塁打でさらに1点を加え、4-2と日本を突き放した。

 6回に浅村が1点を返した直後だった。7回1死から打席に立ったアデルは大野が投じた2球目のチェンジアップを振りぬき右翼スタンド中段へ。終盤に向け大きな一発を放った。

 アデルは大谷翔平投手が所属するエンゼルス傘下でプレー。MLB公式サイトの若手有望株でチーム1位、全体5位にランクされるトッププロスペクトで、チーム・アメリカの主軸打者と期待されている。(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)