【プレミア12】侍ジャパン、菊池涼介は首の違和感で途中交代 メキシコ戦は「明日の様子見て」

【プレミア12】菊池涼介内野手が途中交代 稲葉篤紀監督が「首の違和感」と明かす

記事まとめ

  • 侍ジャパンは12日、「第2回 WBSCプレミア12」でアメリカと対戦し3-4で敗れた
  • 菊池涼介内野手が7回の守備でベンチに退き、山田哲人内野手が代わって入った
  • 稲葉篤紀監督は試合後、「首の違和感ということですね」と交代理由を明かした

【プレミア12】侍ジャパン、菊池涼介は首の違和感で途中交代 メキシコ戦は「明日の様子見て」

【プレミア12】侍ジャパン、菊池涼介は首の違和感で途中交代 メキシコ戦は「明日の様子見て」

侍ジャパンの広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

守備中に首の違和感を訴え、7回の守備でベンチへ退く

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦を戦い、3-4の1点差で敗れた。1点差まで追い上げられながら、打線にあと1本が出ずに競り負け、今大会初黒星を喫した。

「2番・二塁」で5試合全てに先発していた菊池涼介内野手が7回の守備でベンチに退いた。山田哲人内野手が代わって入った。

 試合後、稲葉篤紀監督は「ちょっと首の違和感ということですね」と明かした。明日の出場について問われると「(守備でジャンプしたとき?)そうですね。明日の様子を見てですね」と話し、3戦全勝のメキシコとの大一番となる13日の試合については当日の様子を見て判断するとした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)