【プレミア12】エンゼルスNo1有望株アデルが語った日本戦 投手の特徴は「分かっていた」

【プレミア12】エンゼルスNo1有望株アデルが語った日本戦 投手の特徴は「分かっていた」

日本戦でホームランを放ったアメリカ代表のジョー・アデル【写真:荒川祐史】

MLBプロスペクトで全体5位に位置、日本戦では7回に大野から豪快ソロ

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 12日に東京ドームで行われた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦。野球日本代表「侍ジャパン」はアメリカ代表と戦い、3-4で敗れて今大会初黒星を喫した。先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が序盤に2点を失うと、1点差に迫った直後の5回、7回にもリリーフ陣が失点。最後まで追いつくことができなかった。

 この試合で7回に侍ジャパン4番手の大野雄大投手(中日)からリードを広げるソロ本塁打を放ったのが、大谷翔平投手の在籍するエンゼルスの傘下3Aでプレーしたジョー・アデル外野手だった。大野の投じた外寄りのシュートを弾き返すと、東京ドームの右翼スタンド中段まで打球を運んだ。

 MLBのプロスペクトランキングで全体5位、大谷翔平投手が所属するエンゼルスではNo1プロスペクトに位置付けられているアデル。まだメジャー実績はないものの、近い将来、エンゼルスの中心選手となることを期待されている有望株である。

 この日は5打席に立って3打数2安打、申告敬遠を含む2四球。オープニングラウンドから5試合全てで安打を放って打率.429、2本塁打と結果を残し、その能力の高さを存分に見せつけている。

アデルが語った日本の投手の印象「外側に緩めのボールが来ているという状況は理解していた」

 そのアデルが、侍ジャパンとの試合後に行われた公式会見にブローシャス監督とともに出席。侍ジャパンへの印象を語っている。

 まず、本塁打を打った場面について、だ。これまでの打席で侍ジャパンのバッテリーがストレートで内角を、そして変化球は外角を中心に配球してきていることを感じていたという。「特に初球、投手がインサイドにかなり来ていて、そして、外側に緩めのボールが来ているという状況は理解していた。真ん中よりのボールを狙っていた。うまく外角のボールを打てた」。冷静に日本のバッテリーの攻めを分析していた。

 そして、試合前の段階でも、かなり日本チームを研究していたことを伺わせた。特にサブマリンの高橋礼投手については「先発はかなり見てきたつもりです。特に様々な形を変えて配球をしてくるというのは分かっていました」。そして、高橋礼の後を受けた救援陣についても「その後のリリーフもボールを動かしてくるというのを分かっていた。その中でチームとして攻撃的にいこうということで全員がそれを守った結果だと思います」と振り返っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)