【プレミア12】侍J破った米国が豪州に敗戦、決勝進出の可能性が消滅…先発フックが2失点

【プレミア12】侍J破った米国が豪州に敗戦、決勝進出の可能性が消滅…先発フックが2失点

アメリカ打線を封じたオーストラリア代表先発のティム・アザートン【写真:Getty Images】

先発フックは前夜の日本戦をコンディション不良で登板回避していた

■オーストラリア 2-1 アメリカ(プレミア12・13日・東京ドーム)

「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は13日、スーパーラウンド第3戦が東京ドームで行われ、オーストラリアが2-1でアメリカに勝利した。前日に野球日本代表「侍ジャパン」に勝利していたアメリカはスーパーラウンド成績が1勝3敗となり、3位以下が決まり決勝戦進出の可能性が消滅した。これによりメキシコは夜に行われる日本戦に勝利すれば、今大会のアメリカ大陸最上位国に与えられる五輪出場権を獲得する。

 アメリカ先発のフックは前夜の日本戦に先発を予告されていたが、コンディション不良で登板を回避。アメリカのスコット・ブローシャス監督は日本戦後の会見で「先発のタナーはもう少し休んでもらいたい」とコメントしていた。初回の2失点以降は持ち直し5回2安打5奪三振としたが報われなかった。

 オーストラリアは初回、先頭のティモシーが四球で出塁すると、続くキャンベルが右前打。さらに3番グレンディニングも四球を選んで満塁に。1死からホワイトフィールドがセンターへの2点適時打を放ち、先制点を奪った。先発のアザートンは5回1/3を投げ、1安打2四球4奪三振、無失点の快投をみせた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)